ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,158
登録商品件数
8,187
Q&A質問数
2,933
Q&A回答数
12,875
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
番手によって握り方を変えるのでしょうか?
4772
初めての質問ですが、よろしくお願いします。

私はストロンググリップで、フック気味です。
ドライバー、アイアンはアドレス時に違和感なく問題ありませんが、
FW(5)、UTがどうしてもしっくりしません。

具体的には構えた際にFW,UTの重心を感じてアドレスをするとどうしてもフェースがかぶった状態になってしまいます。
この違和感が嫌で、FW,UTを使っておらず、ろくに練習もしておりません。。
グリップで悩むと他の番手も打てなくなるので、、


これは私の握り方がストロング過ぎるのでしょうか?それとも他の原因なのでしょうか?
また、番手によって握り方(ストロング・スクエア)を変えるのでしょうか?
 関連用語: アイアン  アドレス  グリップ  重心  ストロンググリップ  ドライバー  握り  フック 
ライ 
 回答数:3 | 閲覧数:22483質問者:まるさん  質問日時:2010/7/18 (日) 19:17 
まるさんさんのコメント
皆様ご回答ありがとうございます。
やはり番手によってグリップを変えることはないですよね。
自分からゴルフを難しく考えようとし過ぎていました。

アドレス時のフェース面の被り、閉じ過ぎの状態は私の構え方に問題があると、レッスンコーチから指摘がありました。

これからは苦手の番手ほど練習するように励みます。
ゴルフ楽しいですね。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. nobunaga  回答日時:2010/7/18 (日) 21:47
1547
私個人の事を言えば”絶対に”変えません。
常にごく小さい程度のウイークグリップです。

一つ言えるとすれば握り加減は変えます。
ドラ・FWは柔らかく、取り落とす寸前位に・ショートアイアン・ウエッジは若干強く握ります。

UTはいいとしてもFWは打てないとマズイと思いますよ。
苦手でもとにかく打つしかないです。
2. ヴァル  回答日時:2010/7/19 (月) 6:10
1562
私は変えないです。

全ての番手同じ銘柄のグリップの統一。握り方も統一。

それで求める弾道が出るようにクラブを調整します。

そっちの方が簡単だからです。
3. jswsti  回答日時:2010/7/19 (月) 10:56
1667
同じ握り方で、ボールとの位置関係でドライバーは若干フック気味に、ショートアイアンはウィークに、結果としてなることはあると思います。

ただ、セット途中で握り方をかえることはありません。
FW,UTがフックフェースになっているか、シャフトが左から刺さっているかが原因ではないかと思います。

普通に握って違和感を感じるようであれば、なかなか実戦では使いにくいと思います。ここぞ、というときに大フックがでてしまうのでは。

ショップ等で相談して調整できればいいですが、調整の範囲を超えていれば別のクラブを探す方がいいかもしれません。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
禁断のドライバー、解禁。
キャロウェイより革新的な2本の柱「JAILBREAKテクノロジー」を搭載した『GBB EPIC STAR/Sub Zero』ドライバー登場!2月17日発売
banner
絶好調 J.トーマスの使用シャフト
SBS&ソニー・オープンと2017年2連勝を飾ったジャスティン・トーマスが使用するウッドシャフトとは…?
banner
発売前に全世界で18勝!
松山英樹が選び、すでに5勝を挙げたボール「NEW SRIXON Z」シリーズが2月に発売開始に!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop