ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,171
登録商品件数
8,187
Q&A質問数
2,936
Q&A回答数
12,900
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
シャンク多発  トホホ・・・
9770
ゴルフ歴20年HC14の私ですが、昨年末より突然シャンクが出だしましてOBを連発しております。クラブを変えたり、意識して打ち方を変えたりはしておりません。練習場でも多発しており恥ずかしいかぎりです。今は意識的にボールの手前(体寄りの手前)を打つようにして防いでますが、思い切ったスイングが出来ず、ぎこちなく、楽しくないスイングをしております。何方様かご指導お願い致します。
 関連用語: シャンク  スイング  ボール 
 回答数:7 | 閲覧数:30521質問者:tatsuya  質問日時:2010/8/10 (火) 16:37 
tatsuyaさんのコメント
皆様、色々とアドバイス有難う御座いました。早速、練習場で実践したいと思います。治るかどうかは分かりませんが、アドバイス頂きました皆様並びにこのサイトに感謝致します。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. MYPP  回答日時:2010/8/10 (火) 17:27
1438
ゴルフ暦13年HD11なので同レベルですが、ご参考になれば。

私も約2年ほどシャンク病に悩んでいました。
今は完治ではありませんが、うまく付き合っています。

シャンクの原因は人それぞれなのでなんとも言えませんが、
ヘッド軌道ごとにある程度の原因に絞ることができます。

私の場合は、ヘッド軌道がインサイドアウトになりすぎていたことが原因でした。
(実際、ドローヒッターはヒール打ちが多いですし)
インサイドアウト軌道の場合、ネック寄りにヒットしただけで、ボールがフェース上を滑るのでシャンクになりやすいです。
同じ打点でも、カット軌道の人は反対に滑るのでシャンクを免れることが多いです。

さて、ではなぜネック寄りの打点になるかですが、
.▲疋譽
▲好ぅ鵐
の2つポイントがあります。

.▲疋譽垢砲弔い討任后

手がハンドダウンになりすぎていませんか?
ハンドダウン気味のほうが重心が下がるので安心感を感じる人がいますが、
それが過ぎるとボールの近くに立ちすぎる要因となります。

また、重心が踵寄り過ぎませんか?
重心をつま先寄りにするだけでアドレス状態でヘッドが半分くらい動きます。


▲好ぅ鵐阿砲弔い討任后

 ヘッドが前に出る
  ↓なぜか
 手が前に出る
  ↓なぜか
 右腰が前に出る(←中間原因)
  ↓なぜか
 前傾が維持できていないから(←根本原因)

これが基本的な現象です。

なので、スイングにおいては、
・前傾角度の維持
・左腰を後ろに引くイメージで腰を回す
ことがポイントになります。

矯正練習としては、右足を一歩後ろに引いた状態のクローズスタンスで練習することがいいかもしれません。
逆に、この矯正でも治らない場合は、他に原因があると思われます。

上記のとおり、人により原因は違いますが、もしよければ試してみてください。
2. land  回答日時:2010/8/10 (火) 18:52
1496
大ベテランの方に私なんかが、とも思いましたが最近経験しましたので。
私の場合、やはりボールに近かったようで仲間に指摘されました。
そこで、思いっきり遠くに立ってみました。(かっこわるいくらいに)
これだとシャンクしたくてもできない感じでした。
そこから少しづつ近づいて距離を調整しました。
まだ「これで決まり」とまではいきませんが、シャンクは出にくくなりました。
出たらまた極端にボールから離れてみたりしてます。
3. シロナ  回答日時:2010/8/10 (火) 19:52
1311
当てに行って手が先行している

左股関節に乗り切っていないので、手元が浮き上がったインパクトになっている

など、多くの場合は本物のシャンクでなくトップシャンクらしいです

あと大概、シャンクの時はインパクトを見ていないですよね
4. ゆっきー  回答日時:2010/8/10 (火) 22:30
1423
私もシャンクに悩まされ続けてきましたが最近克服しました。

原因はいろいろありましたが大きな原因が2つ
.丱奪スイングで手が体から遠くなる。
 (アウトサイドに引いている)
 →アドレスから手が体から離れていくのでインパクト時は自然と体から離れた所を通過。
  結果シャンク。

▲轡礇鵐したくないという思いから手先や色々な部分の気をとられ
 腕と体の同調が取れない。
 →振り遅れによる軌道のブレ、ヒールからのコンタクト、
  カット軌道によりシャンク。

,砲弔い討藁習場で見ている限りショートアイアンやウェッジで打ってる人を後ろから見てみると
 体から離れるようにバックスイングをしている人が多いのに気づき、
 自分もそうなっているのかも?
 と思い確認したらビンゴでした。

△砲弔い討100均で直径25cmぐらいのゴムボールを買って腕に挟みながら
 ゆっくりスイングするようにすれば振り遅れによるシャンクはなくなりました。

もし症状が似ているようでしたら試してみては?
5. ニコラス  回答日時:2010/8/10 (火) 22:30
1412
昨年からシャンクが突然出るようになりました。ウェッジから始まってロングアイアンに至るまで酷い時は止まりませんでした。
私の場合で今分かっている原因は、体力の低下です。特に握力が下がってきていて、その分頑張るものだからグリッププレッシャーがラウンドしている間にどんどん上がってゆくようです。強くグリップするものだから当然手首や肩がうまく動かせなくなります。するとある時点でヘッドがスムースに返らずハンドファーストになり、それでも当てようとするから開いたままフェースがボールとコンタクトして右へ出てしまいます。これを続けていると打つフィーリングを失いフェースコントロールが出来なくなって、ボールを思った方向に打てなくなってしまいます。
先ずは自分のグリッププレッシャーがどんな状態か、確認してみて下さい。目一杯を100として何パーセントくらいでうまく打てるか、それよりも強め、弱めで打つとどうなるかをレンジで確認しておくとラウンド中慌てないで済みます。
メカニカルにシャンクを直そうとしても、もし原因が力みなら私のように益々感覚を失って迷路にはまってしまいます。
6. DEION  回答日時:2010/8/10 (火) 22:41
1403
ゴルフ歴5年、HC12なので偉そうには言えませんが、
ネックではなく 開いてインパクトを迎えているなら、
まず徹底して右手は使わない。左手リードで手の甲で
コントロール。腰は開いても肩のラインはスクエアを意識
して保つ。
これで私は治しています。
7. stakafumi  回答日時:2010/8/17 (火) 10:53
1298
数年前シャンクが多発し、ゴルフをやめようと思ったことがあります。
ただ、辞める前に個人レッスンを受けてそれでも改善しなければ、諦めようとレッスンを受けました。レッスンを何度も受け、体の動きを改善するためのドリルを繰り返し行ったことで、だんだんとシャンクの回数が減り今ではシャンクすることは無くなりました。
こういう書き込みサイトでは色々な人がアドバイスされていますが、スイングを見ているわけでもないので、アドバイスすることはできないと思います。
本当になおしたいのであれば、個人レッスンを受けるべきだと思います。
ただし、直ぐにはなおりませんので、間隔をあけてレッスンを何度も受け、改善するためのドリルを体がその動きを自然にできるようになるまで繰り返すことが必要だと思います。
シャンクをなおすのは本当に大変ですが、頑張ってください。
なおった時には楽しいゴルフができるようになっているはずです。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
BSグローブモニター結果発表!
ブリヂストンゴルフ TOUR Bシリーズ『TOUR GLOVE』の100名モニターを実施。体感したゴルファーの評価はいかに!?
banner
禁断のドライバー、解禁。
キャロウェイより革新的な2本の柱[JAILBREAKテクノロジー]を搭載した『GBB EPIC STAR/Sub Zero』ドライバー登場!2/17発売
banner
絶好調 J.トーマスの使用シャフト
SBS&ソニー・オープンと2017年2連勝を飾ったジャスティン・トーマスが使用するウッドシャフトとは…?
banner
発売前に全世界で18勝!
松山英樹が選び、すでに5勝を挙げたボール「NEW SRIXON Z」シリーズが2月に発売開始に!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop