ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,171
登録商品件数
8,187
Q&A質問数
2,935
Q&A回答数
12,896
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ターフを取るダウンブローの打ち方
7234
アイアンの上達をめざしていますが、毎回、上手くターフを取る打ち方ができません。コンペ等でアイアン上手いなと思う方のショットをみると差はありますが、皆さん綺麗にターフがとれてますよね。最近のレッスンでは、現在のアイアンは払いうちが合うと書いてありますが、地面の球を打ちスピンをかけるにはダウンブローで打つ必要があると思い、日々努力をしてるのですがミドルアイアンではターフを擦るのが精一杯です。伸び上がりに注意して、手元も浮かないようにに注意してますが上手く打てません。使用アイアンはX-BRADE CBの2004?のモデルです。何か上達のための練習方や体の使い方で注意すべきこと教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。
 関連用語: アイアン  コンペ  スピン  ダウン  ダウンブロー  ターフ  ミドルアイアン 
 回答数:4 | 閲覧数:101758質問者:2ぺな  質問日時:2011/1/18 (火) 3:21 
2ぺなさんのコメント
シロナさん、回答ありがとうございます。ご指摘のとうり下半身の筋力、腹筋および背筋の筋力が不足していることは痛感してます。レッスン書で書かれているようにインパクト以降、低く長くフォローを出そうとしてもヘッドが抑えきれないのはクラブの遠心力に負けてしまっているからなんですね。距離を出す番手になるほどそれが顕著に現れることになる。そういえば、プロは皆鍛えた身体をしていますね。納得です。これからは筋力トレーニングもしっかり行なって、少しでも理想のスイングに近づけるように努力したいと思います。貴重なご意見ありがとうございました。
わしさんDEIONさん回答ありがとうございます。おふたりのアドバイスも参考にして、まずは中古のマッスルバックのアイアンで適正な弾道で打てるようにトレーニングしてみようと思います。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. シロナ  回答日時:2011/1/18 (火) 9:17
2006
アマでミドルアイアンできちんとターフが取れる人は稀ですね

左股関節に乗りながら前傾を保つには相当の脚力、腹筋、背筋力が要ります(あとコツ)

自分を含め多くのアマは自分の体力で制御できる以上のスピードで振るため

上体が浮き上がらざるえないのでしょう

あと、野球打ちではターフは取れません、縦振りで
2. わし  回答日時:2011/1/19 (水) 8:34
1812
ターフは取れるものであって、取るものではないと思っています。
良い(何が良いかはいろいろな意見があるとは思いますが)スイングをすれば自然にターフは取れます。例えば、女子プロは力がなくともターフが取れています。
逆にターフを取ろうとする事によって、上から下に打ちつけるようなスイングになってしまう事を危惧します。
3. DEION  回答日時:2011/1/19 (水) 9:17
2198
最近のプロが陳さんの時代に比べて ターフを取る量が減っているのは
クラブの変化によるものも多いそうです。
(ダウンブローといえばこの方;陳清波 で検索してください。)
重心位置が明らかに低くなっていますので、さほど打ち込まなくても
オンプレーンでレベルスイングで軽くダウンブローにした方が
効率も再現性も高いということですね。昔のマッスルバックほど
ネックも長くないし、ハーフキャビティ使うプロがほとんどですから。
私もダウンブローに憧れて、過日 練習のために、ダウンブローで
ないと打てないクラブを購入し、苦労したクチです。
中古で安く売られているので ミズノのMP33か37あたり。
BSのXブレードのマッスルの古いモデル。タイトリストの
670.680、690あたり。もっと古いマッスルバックでネックの長い
もの。これらはダウンブローで球を捕まえないと打てません。
ミスしたら、あからさまなミスの球が出ます。しかし 打てるように
なってくると病み付きになります。
練習場では マットをずらして打ってる人がたまにいます。
極端にクセにするため、打ち込んでいく場合は手を怪我しないように
マットの端にボールを置いて練習してください。
4. mooshikan  回答日時:2011/5/3 (火) 11:34
1224
ダウンブローで打つためには、ダウンスウィングで左への体重移動とハンドファーストのインパクトが欠かせません。左脚に体重〔重心〕を乗せて右手で打つ。ハンドファーストになっている分、クラブフェースを立てなければなりません。インパクトのメカニズムをよく勉強され、インパクトでフェースが少し開いて入り、立てて出て行く動きを理解し、右手でフェースコントロールをすることを覚えることです。フォローも低く出て行くことになります。下半身の動き〔左への体重移動〕と右手でのインパクトとフェースコントロールができればダウンブローで打てます。イメージととしては斧で木を撃つようにトップにあるヘッドが直線でボールに向かうように体、脚、腕、手を動かすことです。肩口から左足のつま先に向かって袈裟懸けに日本刀を振り下ろすような体の動きがゴルフスウィングに求められます。それがダウンブローで打つコツです。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
BSグローブモニター結果発表!
ブリヂストンゴルフ TOUR Bシリーズ『TOUR GLOVE』の100名モニターを実施。体感したゴルファーの評価はいかに!?
banner
禁断のドライバー、解禁。
キャロウェイより革新的な2本の柱[JAILBREAKテクノロジー]を搭載した『GBB EPIC STAR/Sub Zero』ドライバー登場!2/17発売
banner
絶好調 J.トーマスの使用シャフト
SBS&ソニー・オープンと2017年2連勝を飾ったジャスティン・トーマスが使用するウッドシャフトとは…?
banner
発売前に全世界で18勝!
松山英樹が選び、すでに5勝を挙げたボール「NEW SRIXON Z」シリーズが2月に発売開始に!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop