ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
28,798
登録商品件数
8,817
Q&A質問数
3,422
Q&A回答数
16,689
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
リシャフト
2852
シャフト抜き機を購入し自分でリシャフトを始めました。

このサイトならご自分でリシャフトされる方も居るみたいなので、ご教授願いたいと思います。

使用している工具は強力バネ式のタイプで通常でしたらスルっと抜けるのですが、シャフトの先端に真鍮の重りを付けて組まれてる場合はシャフトは抜けるのですがこの真鍮の重りがヘッドに残ってしまい、これを外すのに大変苦労しています。

この真鍮をシャフト側に残したまま抜くコツ、又は残った場合の対処方などを教えていただけませんか?


よろしくお願いします。
 関連用語: シャフト  抜け  ヘッド 
 回答数:3 | 閲覧数:7574質問者:blue87  質問日時:2016/4/12 (火) 22:39 
blue87さんのコメント
回答ありがとうございます。

ヒートガンは日立製の物を使っています。

アイアンとウッドでヒートガンが違うのは初めて聞きました。
どの様に違うのか詳しく教えていただけると助かります。

よろしくお願いします。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. アルシビスト  回答日時:2016/4/13 (水) 7:22
959
ホーゼルクリーナーブラシで突いてみるか、確実なのは、ヒートガンで接着剤を溶かすかですね。ただし、ヒートガンはよい値段をします。また、ヒートガンにはアイアン用とウッド用があり、温度が違うので間違えないように。参考まで。
2. 双子の弟  回答日時:2016/4/15 (金) 0:27
920
電動ドリルを使用して下さい。
使えばだいたい削り切れる前に摩擦熱でポロっと外れます。
なるべくホーゼル内径に近いサイズがオススメです。
ご使用されているツアステージのX-FWはプラスチックの蓋が有るので要注意。
ウエッジやアイアンの場合、バックフェースにプラスチック部品など
熱に弱い部品が無いならガスコンロで炙っても外れ易くなりますよ。
ツアステージのウエッジは苦労しました。

電動ドリルはホーゼルの掃除にも役立つのでオススメです。
自己流ですのでご了承下さい。
3. アルシビスト  回答日時:2016/4/15 (金) 14:18
973
訂正追記
ウッド用、アイアン用ではなく、カーボンシャフト用、スチールシャフト用ということに訂正させてください。ウッドはカーボンシャフト、アイアンはスチールシャフトとの思い込みでした。は
ヒートガンの新しい製品は、温度を変えることができるようなので一個で済みそうですが、加熱は適温加熱で短時間処理が基本。私の師匠は、クラブを持っただけで接着剤の量がわかるといい、スチールシャフト用のヒートガンでカーボンシャフトの着脱も行ってました。クラブヘッドとの距離で調整したほうが、熟練はいるけどやりやすいと言っておりました。私は素人なのでヒートガン2種を使い分けていました。そのほうがミスは少ないので。師匠は「工賃を安くするから、素人は止めておいたほうが良いだろう。」と言われ、ここ何年もお任せ状態です。参考まで。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
S.ガルシアの愛用シャフト
マスターズ王者セルヒオ・ガルシアが使用するウッドシャフト「KURO KAGE」最新モデルとは?
banner
ROGUEはEPICを超えたのか!?
EPICを、やさしさで超えろ。飛距離で超えろ。キャロウェイから注目の新製品『ROGUE』が2月下旬デビュー。体感した方の評価は!?
banner
美女ゴルファー松森彩夏の使用ギア
スレンダー美女・松森彩夏が今季使用しているドライバーシャフトとは…?
banner
トッププロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2018 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop