リーダーボード

ツアーニュース

暑さとの戦いに全米女子帰りの横峯らも参戦!

2011/07/14 11:08
暑さとの戦いに全米女子帰りの横峯らも参戦!

 

 全米女子オープン出場のメンバーたちが日本ツアーにとんぼ返りして大暴れを目論んでいる。

 15日開幕の国内女子ツアー、スタンレーレディスゴルフトーナメント(静岡県、東名カントリークラブ)には、先週行われた全米女子オープンに出場した日本勢7人のうち、27位タイに入った横峯さくらをはじめ、諸見里しのぶ(34位タイ)、野村敏京(64位タイ)が参戦。第1ラウンドからサスペンデッドが続く長丁場で、いずれも予選は突破したものの思うような結果が残せなかった悔しさを糧に、日本で爆発しようと意欲を燃やしている。

 2週間後に全英リコー女子オープン(現地時間28〜31日/スコットランド、カーヌスティGL)も控えるため、今大会は海外メジャー大会の狭間のトーナメントとあって、ディフェンディング・チャンピオンのアン・ソンジュ(韓)が欠場。現在、国内ツアーの賞金ランク首位のアンが留守となれば、誰にとっても稼ぎ時だ。同ランク2位の佐伯三貴、3位の李知姫(韓)、4位の横峯だけでなく、全員が優勝賞金1,620万円を狙いに来る。

 敵はライバルたちだけではない。アップダウンがきつく、ホールとホールのインターバルが長いコースと、例年になく梅雨明けが早く、連日真夏日という予報のコンディションもそうだ。国内ツアーは先週がオープンウイークだったため、上手に調整してきた選手はいいが、ひとたび体調を崩せばきつくなる。サバイバルレースを制するのは誰か。シーズン半ばとは言え、気の抜けない1週間が幕を開ける。

 また、ナショナルチームのメンバーであるアマチュア選手が、先月の日本女子アマチュアゴルフ選手権で優勝した比嘉真美子を筆頭に鬼頭桜、城間絵梨、藤田光里と揃って出場。同育成選手の高橋恵とともにトッププロ相手に腕試しをするのにも注目だ。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 暑さとの戦いに全米女子帰りの横峯らも参戦!
×