ツアーニュース

堀姉妹、仲良く7位タイで最終日へ 表が単独首位!

更新日:2022/10/26 00:57
堀姉妹、仲良く7位タイで最終日へ 表が単独首位!

 

 国内女子ツアーのリゾートトラストレディスは31日、兵庫県の関西ゴルフ倶楽部を舞台に第2ラウンドの競技を行い、ツアー4勝目を狙う表純子が通算8アンダーまでスコアを伸ばして単独首位に浮上した。1打差2位タイにこの日のベストスコア8アンダー64をマークしたイ・ナリ(韓)、テレサ・ルー(台)、イ・ジミン(韓)の3人、3打差の5位タイに佐伯三貴、大城さつきが続いている。

 そんな中、堀奈津佳、琴音の姉妹が2人そろって通算4アンダー7位タイに順位を上げた。姉の奈津佳は前半を2バーディ、2ボギーのイーブンで折り返すと、後半は13番から3連続バーディを奪って3アンダー69。昨季2勝と一気にブレイクしたが、今季はこれまで11戦に出場して予選落ち4回、トップ10入りわずか1回と苦しんでいただけにこれを好機と変えたいところ。

 一方、妹の琴音はアマチュアながら2度最終日最終組を経験しており、最年少Vの勝みなみ(鹿児島高1年)と“アマ旋風”の一翼を担う存在だ。初日は2バーディ、2ボギーとスコアを伸ばすことが出来なかったが、この日はノーボギーの4アンダー68をマーク。姉と共にリーダーボードを駆け上がった。

 首位と1打差の4位タイからスタートした森田理香子は、イーブンパー72(2バーディ、2ボギー)とふるわず7位タイに後退したものの、首位とはまだ4打差。堀姉妹、森田と並ぶ7位タイには他にも渡邉彩香、笠りつ子、イ・ボミ(韓)、全美貞(韓)、O.サタヤ(タイ)など有力選手がつけており、最終日の逆転も十分あり得る。

 通算3アンダー17位タイにディフェンディング・チャンピオンの比嘉真美子、横峯さくら、上田桃子ら、通算2アンダー22位タイに不動裕理、アン・ソンジュ(韓)、フェービー・ヤオ(台)らが続いている。また、運転中に死亡事故を起こしたことによる活動自粛から復帰した黄アルム(韓)は、カットラインに1打及ばず無念の予選落ちとなった。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 堀姉妹、仲良く7位タイで最終日へ 表が単独首位!
×