ツアーニュース

L.オチョア、地元で引退試合!! 藍と同組対決

2010/04/29 12:04
L.オチョア、地元で引退試合!! 藍と同組対決

 

 突然引退を発表し、ゴルフ界を騒然とさせたロレーナ・オチョア(メキシコ)の最終戦となる米女子ツアーのトレス・マリアス選手権が、オチョアの地元メキシコのトレス・マリアスCCを舞台に現地時間29日開幕する。

 オチョアはロレックスランキング(女子世界ランキング)No.1の座に座っているうえ、まだ28歳の若さでありながら、先週引退を表明。この先いくつかの試合に出ることはあっても、フルタイムでのツアーに参戦しない意向を示しており、今大会が事実上の引退試合となった。

 サッカーが一番人気のメキシコで、ゴルフの地位を高めた第一人者であるオチョアは、地元での女子ツアー開催にも大きく貢献。後進の育成やチャリティ活動にも熱心で人望も厚い。それだけに周囲のショックは大きいが「良いゴルフができなくなったからツアーを離れるのではなく、これが正しいタイミングだと思うから引退する。自分の目標は達成できて幸せだし、No.1のまま終わりたかった」とキッパリと言い切っている。

 昨年結婚したオチョアは今季プレーするつもりでいたものの、アジアを舞台で行われた序盤戦でモチベーションが高まらないことに気がつき、予想以上に早い時期での引退を宣言することになった。

 今大会のディフェンディング・チャンピオンでもあるオチョアと予選ラウンドで同組対決をとなる宮里藍を始めとする若手たちも大きな衝撃を受けているが、すでに決まってしまったことにどうすることもできない。有終の美を飾ろうとする女王に全力で挑むことこそ、最高の贈り物になるはずだ。

 引退のニュースを聞いたショックから立ち直った宮里(藍)は、同組対決に「彼女はツアーで一番素晴らしい人物で大好きな人。この2日間のラウンドは、永遠に忘れられなものになると思う」と仲の良いオチョアへの思いを語り、「プレーが良くても悪くても彼女はいつも態度が変わらない。それはすごく難しいことなのに…」と尊敬の念を込めコメント。精いっぱい、最後の時を楽しもうとしている。

 日本勢は他に、宮里美香が参戦。こちらもオチョアの最終戦を見守りつつ、全力を尽くす心構えだ。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. L.オチョア、地元で引退試合!! 藍と同組対決
×