ツアーニュース

世界ランクNo.3のL.ドナルドが好発進! 首位はG.ウィリス

更新日:2022/10/26 00:57
世界ランクNo.3のL.ドナルドが好発進! 首位はG.ウィリス

 

 世界ランクNo.3のルーク・ドナルド(米)が、米男子ツアーのザ・ヘリテイジ第1ラウンド(現地時間21日/サウスカロライナ州、ハーバータウンGL)で暫定9位タイの好スタートを切った。

 悪天候のため中断し、6組がホールアウトできずに日没サスペンデッドとなった大会初日だが、ドナルドは4アンダー67でホールアウト。暫定首位のギャレット・ウィリス(米)とは3打差ながら、まずまずの好位置につけた。

 ドナルドは現在、マーティン・カイマー(独)、リー・ウェストウッド(英)に次いで世界ランク3位。今週、ウェストウッドはアジアンツアーに参戦し好スタートを切っているものの、カイマーはどのツアーにも参戦していないため、ドナルドは自身が結果を残せば初のNo.1の座が見えてくる。それだけに、しっかりと自分のプレーを貫く心構えだ。

 暫定首位のウィリスは、PGAツアーのメンバーとして初めて出場した2001年の大会でいきなり優勝した経験の持ち主。ところが近頃はパッティングの調子が悪いため、今週は長年使い慣れた“オールド・フェイスフル”と呼ぶスコッティキャメロンを捨て、ベリーパターを使うつもりでいた。しかしスタート直前になり、やはり手に馴染んだスコッティキャメロンを使うことを決断。これが吉と出てパットが冴えまくり、チャド・キャンベル(米)、ティム・ヘロン(米)、アージュン・アトワル(インド)、マット・ベッテンコート(米)らに1打差をつけて単独トップに立った。

 今季すでに2勝しているマーク・ウィルソン(米)、カミロ・ビジェガス(コロンビア)らが5アンダー66で暫定6位タイ、ディフェンディング・チャンピオンのジム・フューリック(米)とグラエム・マクドウェル(北アイルランド)らが3アンダー68で暫定15位タイ。今田竜二は1アンダー70でホールアウトして暫定41位タイにつけている。

 初優勝が待たれるリッキー・ファウラー(米)は3オーバー74で暫定101位タイ、このコースを得意としているアーニー・エルス(南ア)は4オーバー75で暫定110位タイと大きく出遅れた。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 世界ランクNo.3のL.ドナルドが好発進! 首位はG.ウィリス
×