ツアーニュース

A.ノレン、コース新で首位独走! 11打差の2位にB.ワトソン

更新日:2022/10/26 00:57
A.ノレン、コース新で首位独走! 11打差の2位にB.ワトソン

 

 初日から首位を走るアレクサンダー・ノレン(スウェーデン)の勢いが止まらない。ムービングデーにコースレコードを塗り替え完全な独走態勢に入った。

 ノレンの母国スウェーデンのブロ ホーフ スロットGCを舞台に行われている欧州ツアーのノルデア・スカンジナビアン・マスターズは現地時間23日、第3ラウンドの競技を終了。9番パー5で第2打をピンそば50センチに寄せイーグルを奪って勢いづいたノレンがノーボギーの9アンダー63をマーク。コースレコードを2打塗り替える会心のゴルフで通算20アンダーまでスコアを伸ばし、単独2位につけるブッバ・ワトソン(米)に11ストロークの大差をつけ、今季2勝目に王手をかけた。

「まさかこんなゴルフが出来るとは…」とビッグスコア達成にノレン本人が驚いた。「ショットもパットも自分がイメージした通りになった。ここでこんなスコアをマークするなんてとても信じられない。奇跡? かもしれない。3日間で通算20アンダーなんて想像したこともなった」と昔からプレーしている馴染みのコースでの快挙に「信じられない」を連発。欧州ツアーで3日目を終え後続にこれだけの大差をつけたのは、2002年のジョニー・ウォーカー・クラシックでレティーフ・グーセン(南ア)が13打差をつけトーナメントをリードして以来ツアー史上2番目の記録。すでにノレンの今季2勝目は決まったようなものだが、最終日はこの“信じられない状況”にどう対応するかが鍵になりそうだ。

 一方、11打差をつけられたワトソンは「こうなったら勝敗は関係なく自分のゴルフをするしかない」と2位狙いに徹するつもりだ。その他上位陣は、通算8アンダー3位タイにクリスチャン・ニルソン(スウェーデン)、ジャコ・ヴァン・ジル(南ア)の2人がつけ、通算6アンダー5位タイにジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)、スコット・ストレンジ(豪)、ジーブ・ミルカ・シン(インド)、ノ・スンヨル(韓)らが続いている。尚、日本勢は今大会に出場していない。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. A.ノレン、コース新で首位独走! 11打差の2位にB.ワトソン
×