ツアーニュース

欧州ツアー W.リャン首位タイ浮上、小林&片岡は予選落ち

更新日:2013/03/18 10:08
欧州ツアー W.リャン首位タイ浮上、小林&片岡は予選落ち

 

 中国を代表するプレーヤー、リャン・ウェンチョンが「人生最高のゴルフ」で首位タイに躍り出た。

 欧州、アジアン両ツアー共催のアバンサ・マスターズは現地時間15日、インドのジャイピーグリーンズGCを舞台に第2ラウンドの競技を終了。この日首位に5打差の2位タイからスタートしたリャンが8バーディ、2ボギーの6アンダー66をマークし、通算12アンダーでチャプチャイ・ニラット(タイ)と並びトップタイに浮上した。

 初日単独首位発進のチンナラト・ファダンシル(タイ)が2つスコアを落とし、通算9アンダー7位タイに後退する中、2打差の3位タイにチャワリット・プラポール(タイ)、トミー・フリートウッド(英)、デビッド・ドライズデイル(スコットランド)らがつけ、地元期待のジーブ・ミルカ・シン(インド)が4アンダー68をマークし、通算7アンダーで前日から10ランクアップの20位タイに順位を上げた。

 2007年のシンガポール・マスターズ以来の優勝を狙うリャンは「今日はロングパットが随分入ってくれた。2つボギーを叩いたけれど内容が良かったので満足。むしろ人生最高(のゴルフ)に近かった。世界中で経験を積んできた成果が出たのかもしれない。残り2日、このままリーダーボードの最上段をキープしたい」と久々の勝利を渇望している。

 一方、初日出遅れた日本勢は揃ってチャージならず。アジアンツアーの常連、片岡大育は4バーディ、3ボギーの1アンダー71にスコアをまとめたものの、通算イーブンパー100位タイで無念の予選落ち。小林正則は7つバーディを奪いながらダブルボギーを2つ叩くなど大誤算のラウンドでイーブンパー72止まり。通算1オーバー113位タイの下位で決勝ラウンド進出を逃している。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 欧州ツアー W.リャン首位タイ浮上、小林&片岡は予選落ち
×