ツアーニュース

順延した第2R終了 矢野東が1打差2位タイ! 池田は予選落ち

更新日:2013/03/16 19:38
順延した第2R終了 矢野東が1打差2位タイ! 池田は予選落ち

 

 ワンアジアツアーとの共催で行われている国内男子ツアー今季開幕戦、タイランドオープン(タイ、タナシティG&スポーツC)は現地時間16日、日没サスペンデッドとなった第2ラウンドの競技を終了。前日7バーディを奪い7アンダー65でホールアウトしていた矢野東が通算12アンダー2位タイに浮上。オーストラリアのスコット・ストレンジが通算13アンダーで単独トップに立っている。

 第2ラウンドを1番からスタートした矢野は出だしの1番からいきなり3連続バーディを奪取。6番、9番でさらにバーディを2つ重ね、5アンダー31の好スコアで前半を折り返す。迎えた後半はしばらくパープレーが続くも14番、16番でバーディを奪い、ノーボギーの7アンダー65でホールアウト。通算12アンダーまでスコアを伸ばし、首位に1打差の好位置につけた。

 また、初日11位タイと好発進を切った藤本佳則も前日にホールアウト。アウトスタートの前半こそ1バーディ、1ボギーのイーブンパーだったものの、後半は10番、14番、15番でバーディを奪う。パー5の16番ではイーグルを奪取し、連日の5アンダー67をマーク。この日第2ラウンドをホールアウトした谷原秀人らと並ぶ通算10アンダー13位タイで決勝ラウンドを迎えることになった。

 一方、初日単独トップの小田孔明は第2ラウンドで6バーディを奪ったものの、5ボギー、1ダブルボギーの1オーバー73とスコアを崩し、通算7アンダー31位タイに後退している。

 その他上位陣では、矢野と並ぶ2位タイにテリー・ピルカダリス(豪)、ルーカス・リー(ブラジル)の2人。ディフェンディング・チャンピオンのクリス・ウッド(英)は通算11アンダーとし、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)、黄重坤(韓)、チョ・ミンギュ(韓)らと並ぶ5位タイにつけている。

 一方、新選手会長の池田勇太は通算2アンダー103位タイで予選落ち。さらに、通算1アンダー111位タイの宮里優作、通算2オーバー128位タイの高山忠洋らが決勝ラウンド進出を逃した。また、欧州ツアーから参戦しているポール・マッギンリー(アイルランド)は背筋痛により棄権している。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 順延した第2R終了 矢野東が1打差2位タイ! 池田は予選落ち
×