ツアーニュース

原が7年ぶりVに王手! アマ新垣は史上初記録狙う

更新日:2015/08/01 17:33
原が7年ぶりVに王手! アマ新垣は史上初記録狙う

 

 国内女子ツアーの新規大会、大東建託・いい部屋ネットレディスが1日、山梨県の鳴沢ゴルフ倶楽部で第2ラウンドの競技を終了。ツアー2勝目を狙う原江里菜が、通算8アンダーでリーダーボードのトップに立った。

 前日に「67」の好スコアで首位タイ発進を切った原は、立ち上がり2番から3連続バーディをマークすると、9番でも1つスコアを伸ばして4アンダーで前半を終了。バックナインでは1つスコアを落としたが、5バーディ、2ボギーの3アンダー69で、2008年のNEC軽井沢72ゴルフトーナメント以来となる優勝に王手をかけた。

 トップと2打差の単独2位はアン・ソンジュ(韓)。連日の3アンダー69で前週大会からの連勝に向けて好位置につけている。通算5アンダーの3位タイには現在賞金ランキング5位の上田桃子や、アマチュアとしてツアー史上初の3週連続トップ10入りを狙う新垣比菜(興南高2年)ら5人が続いた。初日を50位タイで終え「明日しっかり取り返したい」と話していた新垣は、この日6アンダー66と宣言通りスコアを伸ばし、逆転優勝も十分可能な位置まで浮上している。

 ホステスプロの江澤亜弥は1アンダー71とわずかにスコアを伸ばし、穴井詩らと並ぶ14位タイ、菊地絵理香は通算イーブンパーの26位タイに浮上した。一方、賞金ランク首位をひた走るイ・ボミ(韓)は1オーバー73で通算1アンダー22位タイに後退。アマチュアの勝みなみ(鹿児島高2年)、ツアー初白星を目指す香妻琴乃らは通算2オーバー45位タイで辛くも予選ラウンドを通過した。そのほか、今季1勝の藤田光里は通算3オーバー56位タイで予選落ちとなっている。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 原が7年ぶりVに王手! アマ新垣は史上初記録狙う
×