リーダーボード

ツアーニュース

白熱する年間最優秀選手争い D.ジョンソンが新たに名乗り?

2017/08/29 16:28
白熱する年間最優秀選手争い D.ジョンソンが新たに名乗り?

 

 米男子ツアーのプレーオフシリーズ第1戦 ザ・ノーザン・トラストは、プレーオフの末にダスティン・ジョンソン(米)の優勝で幕を閉じた。シーズンの最終盤に差し掛かっている同ツアーだが、年間王者争いとともに注目を集めるのがプレーヤー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)のタイトルだ。

 通称ジャック・ニクラウス・アワードとも呼ばれる同タイトルについて、昨季年間王者のローリー・マキロイ(北アイルランド)は、前週の開幕前に「今の段階で決定するのであれば、ジャスティン・トーマスを選ぶだろう」と語った。

 現時点で同有力視されているのは、全米プロ優勝を含むシーズン4勝を挙げているトーマスか、全英オープン優勝を含む3勝を挙げているジョーダン・スピース(米)。そして、ザ・ノーザン・トラストで今季4つ目の優勝トロフィを獲得したジョンソンが、3人目の候補として名乗りを上げた。

 ジョンソンは今季メジャー大会で優勝していないことが不利だが「もし、ここから1勝、2勝、3勝すれば、プレーヤー・オブ・ザ・イヤーのタイトルも獲得することができるよ」と、2年連続のタイトル獲得へ自信を口にしている。しかし、一方でマキロイが「ツアーやWGCの大会に敬意がないわけではないが、ツアーで3勝するよりもメジャーで1勝がしたい」と話したように、メジャータイトルを最重要視する流れがあることは確かだ。

 米ツアーにプレーオフシリーズが導入された2007年以降、6度に渡ってプレーヤー・オブ・ザ・イヤーと年間王者のタイトルを別の選手が獲得しているが、果たして今年のタイトルは誰が手にするのだろうか。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 白熱する年間最優秀選手争い D.ジョンソンが新たに名乗り?
×