ツアーニュース

松山英樹が単独トップ発進、ウッズは35位タイ プレーオフ第2戦

2020/08/28 09:17
松山英樹が単独トップ発進、ウッズは35位タイ プレーオフ第2戦
単独首位発進を切った松山英樹(写真:Getty Images)

 

 米男子ツアーのプレーオフシリーズ第2戦、BMW選手権は27日、米イリノイ州のオリンピア・フィールズCC(7,366ヤード・パー70)で開幕。松山英樹が6バーディ、3ボギーの「67」で回り、3アンダー単独首位に立った。

 フェデックスランク18位の松山は前半を1オーバーで折り返すも、後半1番、2番で連続バーディを奪取。そして7番でもスコアを伸ばすと、最終9番でこの日6つ目のバーディを奪ってリーダーボードの最上段を射止めた。

 1打差単独2位にタイラー・ダンカン(米)、2打差単独3位にマッケンジー・ヒューズ(カナダ)、3打差4位タイにローリー・マキロイ(北アイルランド)、トニー・フィナウ(米)ら10人が続く。

 フェデックスランク1位のダスティン・ジョンソン(米)は1オーバー14位タイ、同2位のジャスティン・トーマス(米)、同57位のタイガー・ウッズ(米)は3オーバー35位タイで初日を終えている。
 
 今大会終了時のランキング上位30人が最終戦のツアー選手権(9月4〜7日/米ジョージア州/イースト・レイクGC)に進む。

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 松山英樹が単独トップ発進、ウッズは35位タイ プレーオフ第2戦
×