ツアーニュース

19歳のルーキー川崎春花、メジャーでツアー初V 山下美夢有は2位

2022/09/11 15:53
19歳のルーキー川崎春花、メジャーでツアー初V 山下美夢有は2位
大会史上最年少優勝を飾った19歳の川崎春花(写真:Getty Images)

 

 国内女子ツアーの日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯は11日、京都府の城陽カントリー倶楽部(6,555ヤード・パー72)で最終ラウンドが行われ、京都府出身の19歳・川崎春花が「64」を記録。通算16アンダーとし、メジャー大会でツアー初優勝を飾った。

 7月の予選会を突破して本選出場権を得た川崎。この日は8番パー4の第2打目を入れてイーグルを奪うと、12番から4連続バーディ。17番、18番もバーディを奪って後半は「30」と猛チャージし、地元優勝を果たした。

 単独トップからメジャー2連勝を狙った山下美夢有は「71」とスコアを伸ばし切れず、通算13アンダー単独2位でフィニッシュ。菅沼菜々が通算12アンダー単独3位、ささきしょうこ、森田遥、佐藤心結が通算11アンダー4位タイに入った。

 前週優勝のセキ・ユウティン(中)、西郷真央、ペ・ソンウ(韓)は通算10アンダー7位タイ、吉田優利、菊地絵理香、浜崎未来、三ヶ島かな、小倉彩愛、イ・ミニョン(韓)は通算9アンダー10位タイ、種子田香夏、岩井明愛、阿部未悠は通算8アンダー16位タイとなった。

 前回覇者の稲見萌寧、上田桃子、小祝さくら、申ジエ(韓)、安田祐香は通算7アンダー19位タイ、堀琴音は通算6アンダー24位タイ、青木瀬令奈は通算5アンダー29位タイ、高橋彩華は通算4アンダー33位タイ、西村優菜、原英莉花は通算3アンダー38位タイで4日間を終えた。

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 19歳のルーキー川崎春花、メジャーでツアー初V 山下美夢有は2位
×