急上昇ワード
ギアカテゴリ
メーカー
  • ブランド
ドライバーのランキング ] 

テーラーメイドゴルフ、SIM MAX ドライバーの評価

SIM MAX ドライバーについてクチコミするお気に入りリストに加える

メーカー テーラーメイドゴルフ
ブランド SIM MAX
商品名 SIM MAX ドライバー (39件)
価格 80,300円〜
公式ページ https://www.taylormadegolf.jp/
累計の総合評価 累計の総合評価  5.4点
ランキング
最近180日間
41位/1296商品中
スペック ヘッド体積:460cc
クラブ重量:294g
ロフト角:9°、10.5°、12°
クラブ長さ:45.25、45.75インチ
商品登録日 2020年1月9日(木)

クチコミする!

SIM MAX ドライバー
カテゴリー別評価
飛距離4.4点
やさしさ4.4点
コストパフォーマンス3.5点
打感4.2点
方向性4.3点
構えやすさ4.5点

SIM MAX ドライバーのクチコミ

 

まさっくま(81)
年齢:48歳
性別:男性
ゴルフ歴:16年〜20年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:80未満
平均ラウンド数:週一でプレーしてます

参考になったポイント:19

2020/2/14 (金) 15:24
point

ロフト角「9°」、 シャフト「TOUR AD VR」、 シャフト硬度「S」

SIMとSIM MAXの試打を繰り返し、結果の良かったSIM MAXを購入しました。
これまでM5を使ってきたので、SIMにするつもりでしたが、結果的にはSIM MAXで大満足です。

SIMとSIM MAXの違いを中心に書き込みます。

両ドライバーを打ってて一番感じたのは、打感の違いとヘッドバランスの感じ方の違い。

SIMの打感は明らかに硬いですね。ウェイトの形状が同じSLDRに近いというか、打っていて金属的な硬さを感じます。

対してSIM MAXは打感が非常に柔らかい。かつそれでいて、弾く打感もあり、打っていて爽快感があります。M5のような単純に柔らかいだけでなく、M5の柔らかさに弾く打感がプラスされた感じ。とはいえ、球がフェイスに乗っている感じは十分にあり、打感はすごく好きです。

ヘッドバランス自体は、計測するとM5はD2、SIMはD2、SIM MAXはD1ですが、明らかにSIMのバランスの感じ方は重く、1〜2ポイント重く感じます。重心位置の問題だと思うのですが、僕には操作しにくさを感じてしまいダメでした。

SIM MAXはオーソドックスなバランスで、とても振り抜き易く、扱いやすかったです。

飛距離性能は、SIM、SIM MAX共に、計測上の変化はなく、どちらもM5よりキャリーで5~7y、トータル飛距離も同じく5~7y伸びてました。

ただ、SIMの方は、先ほどのヘッドバランスの関係もあり、ミスヒットも多く、結果的にトータル平均だと下がってしまったので、この点は僕にはマイナスでした。

SIM MAXの方は、ヘッドも扱い易く、芯でのヒット率も高く、平均スマッシュも1.47出ていたので、こちらの具合も最高でした。SIM MAXの方が明らかに芯の広さを感じます。

操作性の面では、SIMには叶わなく、左右に曲げるのはSIMの方がやりやすかったです。ただ、正直最近はそこまで球を操作しなくなってきたので、直線的に打ちやすいSIM MAXは優秀だと思います。

球の上がりやすさは、M5よりはSIM、SIMよりはSIM MAXMAXという具合で、SIM MAXが一番球の高さが出ます。理想的な弾道で飛んでいたので、SIM MAXに惚れました。

現段階で、SIM MAXには文句の付けようがなく、M5、M6の時にはM6にはあまり興味が湧かなかったのですが、今回はSIM MAXの勝ちのようですね。間違いなく全ての方にオススメできます。

ちなみにですが、店頭での売れ行きも、今回はSIM MAXの方が好調とのこと。SIM MAXのトータル性能もありますし、松山英樹が使っていることも手伝っているようで、人気とのことでした。

Bobby31(30)
年齢:55歳
性別:男性
ゴルフ歴:21年以上
平均ヘッドスピード:41m/s〜45m/s
平均スコア:90〜99
平均ラウンド数:週一でプレーしてます

参考になったポイント:3

2020/7/27 (月) 10:58
point

ロフト角「10.5°」、 シャフト「Speeder 569 EVORUTION 此廖 シャフト硬度「S」

M6からチェンジして20ラウンドほど使用しました。ロフトは同じ10.5°です。シャフトも同じスピーダーエボ 569 Sです。
M6も気に入っていましたが、変えた理由は大きく2つ。
まずミスに対する寛容性が上がったこと。ティーショットの安定感が課題の私には心強いです。M6はナイスショットでドロー系、たまにプッシュアウト。SIM MAXはフェードからドロー、大きなプッシュアウトは出なくなりました。

2つ目はアドレスした時の坐りの良さ。これは言うまでもないですが構えやすさに繋がり、アドレス時の安心感が増しました。ティーショット毎度のことなので、これは意外に大事な事だと実感しています。

他にM6と比較して、同じロフトでも若干高さが出る感じがします。スピン量は計測していないので分かりませんが、ひょっとすると一発の飛びはM6の方が上かもしれません。ただSIM MAXの方が平均飛距離は確実に上がっています。
打感はM6のずしりとした感じも好きでしたが、SIM MAXの弾くような軽い感じも悪くないです。打音も好みです。
振り抜き感も良くなった気がします。これはイナーシャジェネレーターのおかげ⁉なのでしょうかね。

けいじまん(54)
年齢:39歳
性別:男性
ゴルフ歴:4年〜5年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:80〜84
平均ラウンド数:2か月に1回程度

参考になったポイント:7

2020/6/24 (水) 19:37
point

ロフト角「9°」、 シャフト「テンセイCKプロオレンジ60」、 シャフト硬度「S」

ラウンド投入しての感想です。この1年は、G410LST 10.5度(エボ6 661S)を使用。

雑誌やネットで低スピンモデルの評価で色々考えるところもありましたが、私の場合は9度を選択して正解でした。

元々球が高い傾向にあり、インパクトロフトを減らす事で対応しようと一桁台のロフトはしばらく、敬遠してきました。

ただ、今回は9度にテンセイCKプロオレンジ6Sで球の高さが3/5程になり、ゴルフが楽になりました。

改めてラウンドして感じたことは、G410LSTはオープンフェイスで引っかけはやはり出にくいですが、10.5度を上手く使いこなせておらず、安定性の反面、飛距離のばらつきが大きく、240〜280ヤード。それと比較すると、SIMは初速±70の260〜280ヤードをコンスタントに飛ばせている状況ででした。

ただ1つ、個人的には操作できるクラブを好む傾向があり、あまりインテンショナルにドローを打つと、引っ掛けを多発するので、SIMを検討してきたいと思います。

最後に、素振りの時の風切り音は、当時愛用していたナイキのVAPORシリーズに似ていて、振り感が軽く感じられるので個人的には◎です。

過去のクチコミ

ポイント:2

2020/6/2 (火) 23:59
point

SIMMAX-Dを購入後、今回SIMMAXを購入しました。

改めて見比べると全然異なるヘッドでした。SIMMAXはシャロー。SIMMAX-Dはディープ。見比べるとびっくりします。また、トップラインの白帯の太さが2倍程、SIMMAX-Dが太かったです。

一方、打ち比べても、同じロフトでもSIMMAX-Dの方が明らかに弾道が高いので、なるほどなと思いました。ただ、SIMMAX-Dは、練習とラウンドで試して優しいのは間違いないのですが、ダウンスイングで左ターン強く、どうしても押さえ込めないので、SIMMAXを購入しました。

試打後、SIMMAXは、この点、かなり緩やかになってはいるものの、
上がり方も、捕まり方も違うのでロフト選びもヘッド選びも両方の観点から試打をする方が良いと思いました。

ポイント:13

2020/1/17 (金) 21:44
point

試打第一号させて頂きました。ご厚意で初めてデータを見るとの事で、
比較の為、全部打ちさせてもらいました。SIM2種類、MAVRIK3種類。自分のG410LSTと比べて感じた事を記載させて頂きます。

結論的に、メーカーを本気にさせたら怖いというのを感じてしまいました。2019年に取られたシェアを本気で取り返しに来ている感じです。
そして、購買意欲をそそられたのはSIMMAX(M6後継)、MAVRIKノーマル。自分にとっては衝撃です。2020年はこの2モデルが2強になる気配をひしひしと感じました。

SIMMAXに話を戻し、とにかく打っていて楽しい。それに尽きます。ドローが打ちやすく、逃げる感触がありません。また、打感が200%増しで柔らかくなっていました。振動が少なく、今までM5、M6で苦手であった硬質な打感が完全に取り除かれていました。

尚、SIMMAXもSIMも上からの顔が非常に似ています。M5ツアーのような顔を
していて、左右非対称の顔に難しさを感じましたが、打つと気になりません。むしろ間違いなくSIMMAXは、とにかくダウンスイングからヘッドが閉じる方向にビシッと旋回してくるのを感じました。

平均試打時のヘッドスピード44.5、スピン量2200rpm〜2400rpm、総距離260〜270。現状はG410LSTで総距離は変わりませんが、優しさと安定感が半端ない感じでした。

是非、ラウンドで使ってみたいと思いました。

junrock(15)
年齢:58歳
性別:男性
ゴルフ歴:21年以上
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:85〜89
平均ラウンド数:月に2回は行きます

参考になったポイント:6

2020/6/22 (月) 10:50
point

ロフト角「10.5°」、 シャフト「VENTUS BLUE 6S」、 シャフト硬度「S」

渋野プロが今年からVENTUSを使うと聞いて試してみたかったのと、現在まで使用していたM4を購入するときに純正の50g代のシャフトを試してみて、合わなかったので米国標準で60g代のVENTUSブルーを購入してみました。
結果、M4より平均のヘッドスピードも下がり、方向性もばらばらになりました。
バランスを計ってみるとM4はD3でしたが、SIM MAXはD4でした。シャフトも0.5インチ長いのが原因なのか振りづらくて諦めました。そこでM4に装着していたGP-6Sを付け替えたところ、これがはまりました!!
バランスはM4と同じD3に収まり、ヘッドスピードは平均45ちょっとだったのが46ちょっとと1m/sec以上上がりました。イナーシャージェネレーターのおかげのようです。ヘッドスピードも上がり、方向性も安定しました。今後はこの組み合わせで頑張ります。
いろいろなところでも書かれていますが、SIMよりつかまりが良いようですが、MAXにしてもちょっと油断すると右にすっぽ抜けます。ただ逆にM4の時には芯食ったと思った時に若干ドローが強く入っていたものが全く出ません。怖がらずに思い切り叩けます。MAXならつかまるというのはSIMに比べてということでつかまりやすいクラブではないですね。

shun1101(9)
年齢:32歳
性別:男性
ゴルフ歴:4年〜5年
平均ヘッドスピード:41m/s〜45m/s
平均スコア:85〜89
平均ラウンド数:月に2回は行きます

参考になったポイント:11

2020/6/19 (金) 12:57
point

ロフト角「10.5°」、 シャフト「TENSEI CK ORANGE 60S」、 シャフト硬度「S」

M5からの変更で購入しましたが、自分には合わなかったようです。

まず振ってみた感想としては、軽い。つまりヘッドスピードがあまり無い方でも恐らく楽に振れると思います。
ただし、ヘッドスピードが速い方に取っては物足りなさを感じると思います。
アドレスしてもM5では適度な重量を感じますが、SIM MAXでは軽くて私は不安を感じました。
鉛を貼って対応しようと思いましたが、ヘッドのヒール側の表面の凹凸の影響で剥がれそうだったので断念しました。

飛距離はおそらくM5と変わり無いと思います。
曲がりもM5と同じで、ツイストフェースの効果か余計な曲がりはかかりません。

つかまりはM5より捕まらないんじゃないかなと思いました。
あくまで個人の感想ですが。
ヘッド重量がM5と同じくらいだったら使えたと思いますが、メルカリ行きです。

逆に軽く振るとオートマチックに当たるので、楽だと思います。
勉強になりました。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  次へ>

dot あなたもクチコミ投稿してみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

クチコミが参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

一覧へ

Q&Aの回答が参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

Copyright © 2020 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop