ツアーニュース

Y.ツェン逆転V! メジャー2勝目ゲット

2010/04/05 10:04
Y.ツェン逆転V! メジャー2勝目ゲット

 

 2番のイーグルで波に乗ったヤニ・ツェン(台)が、勝負強さを発揮しメジャー2勝目を手に入れた。

 米女子ツアーの今季メジャー初戦クラフト・ナビスコ選手権は現地時間4日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッション・ヒルズCCを舞台に最終ラウンドの競技を終了。1打差の2位タイからスタートしたツェンが4アンダー68で回り、通算13アンダーとして2位のスーザン・ピーターセン(ノルウェー)に1打差をつけ優勝を飾った。

 スタート直後の2番でイーグルを奪った瞬間「今日は私の日になる」と直感したと言うツェン。最終日の朝、師事しているメンタルトレーナーから電話でアドバイスを受け「ミスしても、3パットしても笑顔を忘れない」と心に誓ってティーグランドに上がっていた。2番のイーグルで首位を行くカレン・スタップルス(英)に並びかけ、3番のバーディで一気にトップに立つと、中盤まで後続に4ストロークの大差をつけてトーナメントをリード。ところが後半、ピーターセンのエンジンがかかり、ツェンが12番でボギーとした時点で相手に2打差に詰め寄られた。そして迎えたのが、これまで数々のドラマを演出してきた池絡みの最終18番。イーグルもあるそのホールを果敢に攻め、あと少しでチップインイーグルかと思わせたピーターセンだったがバーディ止まり。最後無難にパーにまとめたツェンが1打差で勝負を決めた。

「最後の彼女(ピーターセン)のアプローチは一瞬入ったと思いました。恐くて見ていられなかった。4打リードしていたときも全く気は抜けませんでした。このコースは難しいのでバック9はプレッシャーの連続。昨日はスーザン(ピーターセン)と一緒で楽しめたけれど、今日は緊張して楽しむどころではありませんでした」と激戦を制し、ホッと胸をなで下ろしたツェン。

 恒例の優勝者による池へのダイブは、キャディや母親の他「誰か知らない人まで」飛び込む大騒ぎ。しかし「飛び込んだ後で気付いたのが、自分が泳げないっていうこと。飛び跳ねながら池から上がる方法を教えて、とキャディに頼んでいたんです」と笑わせた。一昨年のマクドナルドLPGA選手権に続くメジャー2勝目。これでツェンは押しも押されぬスタープレーヤーの仲間入りだ。

 その他上位は通算9アンダー単独3位にキム・ソンヒ(韓)、通算6アンダー単独4位にロレーナ・オチョア(メキシコ)が入り、前日トップのスタップルスはクリスティ・カー(米)、申智愛(韓)、カリー・ウェブ(豪)と並び5位タイに終わっている。日本勢最高は有村智恵の単独9位(通算3アンダー)。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. Y.ツェン逆転V! メジャー2勝目ゲット
×