ツアーニュース

朴がツアー初優勝! 桃子は地元Vならず

2010/04/18 06:04
朴がツアー初優勝! 桃子は地元Vならず

 

 国内女子ツアーの今季第6戦西陣レディスクラシックは18日、熊本県の熊本空港カントリークラブを舞台に最終ラウンドの競技を終了。ともに通算4アンダー4位タイからスタートした朴仁妃(韓)と天沼知恵子の2人が3アンダー69で回り、通算7アンダーで並んだままホールアウト。先週のスタジオアリス女子オープンに続き、2週連続でプレーオフに突入した。

 勝負を決めるプレーオフ1ホール目の18番パー5、バンカーからの3打目をピンに寄せた朴に対し、天沼はパーオンに失敗。結局2メートルのバーディパットを確実に沈めた朴がプレーオフを制し、国内女子ツアー参戦4戦目にして嬉しい初優勝を飾った。3月のヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップではホールアウト後のペナルティで優勝を取り消され、先週はプレーオフの末に敗れ涙を呑んだ朴だったが、今大会で見事に雪辱を果たす結果となった。

 一方、初日から単独トップに立ち、完全優勝での地元Vに王手をかけていた上田桃子は完全に沈黙。第2ラウンドまでの好調さが嘘のように、この日は終始我慢のゴルフを強いられる。後半の14番までは単独首位をなんとか守っていたものの、終盤にきて朴や天沼ら後続勢に並ばれると、最後の17、18番で痛恨の連続ボギー。4オーバー76とスコアを崩し、通算4アンダー4位タイと地元ファンの期待に応えることはできなかった。

 上位陣は、通算6アンダーの単独3位に申ジエ(韓)、上田と並ぶ4位タイに新人の藤本麻子が入り自己最高位を記録。また、上田と同じく地元Vを狙った不動裕理と有村智恵は通算3アンダーの6位タイ。先週体調不良で棄権した横峯さくらは通算イーブンパーの14位タイに入っている。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 朴がツアー初優勝! 桃子は地元Vならず
×