ツアーニュース

J.エドフォース、『64』で首位奪取!

2010/05/01 10:05
J.エドフォース、『64』で首位奪取!

 

 リーダーボードが目まぐるしく入れ替わる中、ヨハン・エドフォース(スウェーデン)が単独トップに躍り出た。

 スペインのリアル・クラブ・デ・ゴルフ・デ・セビリアを舞台に行われている欧州ツアーのオープン・デ・エスパーニャは、現地時間4月30日に第2ラウンドの競技を終了。9バーディ、1ボギーの8アンダー64と爆発したエドフォースが通算10アンダーでトーナメントをリード。1打差の2位タイにマーク・フォスター(英)とセビ・ガルシア(スペイン)が続き、通算8アンダーの4位タイにラファエル・ジャクリン(仏)とダニー・ウィレット(英)の2人がつけている。

 単独トップに立ったエドフォースは前週韓国で行なわれたバランタインズ選手権に出場しており、大会前日の水曜日は「時差ボケがひどくて全然眠れなかった」と打ち明ける。そのため初日は2アンダー70の平凡なスコアにとどまったが、「目まいでフラフラする中、よく我慢出来た。初日をアンダーパーで乗り切れたことが、2日目(の爆発)につながった」と久々の優勝争いに納得の表情を浮かべた。

 初日首位のリカルド・ゴンザレス(アルゼンチン)は前日より14打悪い7オーバー79と乱れ、通算イーブンパーで65位タイまで大きく後退。ダレン・クラーク(北アイルランド)らとともに、カットラインぎりぎりながら予選突破は果たした。また、地元ファンの期待を背負うベテランのミゲール・A・ヒメネス(スペイン)は、決勝ラウンド進出するも通算1アンダーの49位タイと低迷している。

 ちなみに、2位タイにつけるガルシアは世界ランク1,272位の伏兵。ヨーロッパのツアーカードは持っておらず今回は主催者推薦による出場だが、昨年地元スペインで行なわれたローカルの大会で1ラウンド『58』をマークしており、将来を嘱望される存在だ。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. J.エドフォース、『64』で首位奪取!
×