ツアーニュース

飯島が奪首! しのぶ好位置キープ、桃子は予選突破

2010/06/11 07:06
飯島が奪首! しのぶ好位置キープ、桃子は予選突破

 

 国内女子ツアーのサントリーレディスオープンゴルフトーナメントは11日、兵庫県の六甲国際ゴルフ倶楽部を舞台に第2ラウンドの競技を終了。前日トップの上原彩子が5オーバー77を叩き急降下する中、3打差の5位タイからスタートした飯島茜が2アンダー70をマークし、通算3アンダーで単独首位に浮上した。通算2アンダーの2位タイに青山加織、馬場ゆかり、ニッキー・キャンベル(豪)の3人が続き、ディフェンディング・チャンピオンの諸見里しのぶ、今季1勝の服部真夕ら4人が通算1アンダー5位タイにつけている。

 大会連覇を狙う諸見里はこの日、序盤からパッディングに苦しみボギーが先行する展開。だがスコアを2つ落として迎えた14番パー5できっちりバーディを奪うと、17番パー4ではグリーン横からの3打目をパットで直接カップインさせ、イーブンパー72でホールアウト。「今日はラッキーだった部分もある。明日以降は実力でアンダー(パー)を出したい」と意気込む前大会覇者が、首位と2打差の好位置で決勝ラウンドに臨む。

 また、右ひざの故障を抱えて出場している上田桃子は前日のロングパンツからトレードマークのショートパンツへ装いを変えて登場。痛々しいサポーター姿でのラウンドとなり、2オーバー74とわずかにスコアを落とすも、10番パー4でバンカーからのチップインバーディを決めるなど随所に見せ場を演出。通算3オーバー24位タイで予選突破を果たした。「(10番のチップインは)自分にまだツキがある証拠。残り2日間あきらめないで頑張ります」と、本来のプレーができない中でも明るい表情を見せている。

 その他、今季すでに勝利を挙げている不動裕理(通算イーブンパー9位タイ)と有村智恵(通算3オーバー24位タイ)が決勝ラウンドに進出する一方、同じく今季1勝の古閑美保(通算11オーバー92位タイ)と甲田良美(通算14オーバー104位タイ)が予選落ちを喫した。

 戦略性の高い六甲の難コースを舞台に激しい“女の戦い”が繰り広げられているツアー屈指のビッグトーナメントは、首位から3ストローク差までに12人がひしめく大混戦のまま、波乱のムービング・サタデーへと突入する。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 飯島が奪首! しのぶ好位置キープ、桃子は予選突破
×