ツアーニュース

「科学者」デシャンボー、体重増でパワーアップ!平均飛距離は345.4ヤード

2020/06/12 16:28
「科学者」デシャンボー、体重増でパワーアップ!平均飛距離は345.4ヤード
約9キロ増量してトーナメントにやってきたブライソン・デシャンボー(写真:Getty Images)

 

 米男子ツアーのチャールズ・シュワブ・チャレンジは11日、米テキサス州のコロニアルCC(7,000ヤード・パー70)で第1ラウンドが終了。およそ3か月ぶりのトーナメントにブライソン・デシャンボー(米)は姿を変えて戻ってきた。

 タイガー・ウッズ(米)、ブルックス・ケプカ(米)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)など、今ではゴルファーもウェイトトレーニングで体を鍛えあげる時代となっているが、「ゴルフの科学者」もパワーアップに向けた取り組みをはじめていたようだ。

「20ポンド(約9キロ)くらい増量した。もっと遠くに飛ばしたいという理由ではなく、ボールのスピードを上げるためスピードトレーニングに集中した」とシーズンの中断を利用して肉体改造に取り組んだ理由を明かした。

 元々飛ばし屋として知られるデシャンボーは、今季平均飛距離で321.3ヤードを記録し現在1位につけている。「(このコースでは)あまり発揮できないけどね。11番、1番、2番くらいしか」と語ったが、それでもこの日はその数字を大きく上回る345.4ヤードをマークした。

 パワーアップした体から放たれる豪快なショット。その飛距離のアドバンテージを活かし、デシャンボーは首位と2打差の5アンダー7位タイと絶好の位置につけている。

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 「科学者」デシャンボー、体重増でパワーアップ!平均飛距離は345.4ヤード
×