ツアーニュース

畑岡奈紗が今季初V 先週は予選落ちも「自分を信じてきて良かった」

2022/04/25 12:41
畑岡奈紗が今季初V 先週は予選落ちも「自分を信じてきて良かった」
米ツアー通算6勝目を挙げた畑岡奈紗(写真:Getty Images)

 

 米女子ツアーのDIOインプラントLAオープンは24日、米カリフォルニア州のウィルシェアCC(6,447ヤード・パー71)で最終ラウンドが行われ、畑岡奈紗は1イーグル、4バーディ、2ボギーの「67」で回り、後続に5打差をつける通算15アンダーで今季初優勝を挙げた。

 ツアー通算6勝目を飾った畑岡は、「今日の朝はとても緊張していましたが、一つ目のバーディを獲ってからは自分のゴルフに集中できました。最後(の18番ホール)はボギーにしてしまいましたが、ストローク差をつけて18番に来れたのは大きかったです。先週は予選落ちでしたが、一週間でこれほど変わるんだと思いました。このタイミングで勝てたのは大きいですし、自分を信じてきて良かったです」と喜びを語った。

 この日は15番パー5で長いイーグルパットを決めるなど日本のエースらしいゴルフを展開。先週のロッテ選手権では悔しい思いをしたが、そのうっぷんを見事に晴らし、昨年9月以来の勝利を掴んだ。この調子を保って約1か月後の全米女子オープン(6月2日〜/米ノースカロライナ州/パイン・ニードルズ・ロッジ&GC)に臨んで欲しいところだ。

■畑岡奈紗のギアセッティング
ドライバー:ゼクシオ X ツアーモデル(8.5°)
シャフト:フジクラシャフト ベンタスレッド 5S

3番ウッド:スリクソン ZX(15°)
シャフト:フジクラシャフト ベンタスレッド 5S

ハイブリッド:スリクソン ZX(19°、22°)
シャフト:フジクラシャフト ベンタスブルー HY 7S

アイアン(#5-P):スリクソン Z785
シャフト:トゥルーテンパー スチールファイバー i95 S

ウェッジ:クリーブランド RTX 2.0 PF(50°、54°、58°)
シャフト:日本シャフト N.S.PRO 950 S

パター:ベティナルディ SS3 DASS

ボール:スリクソン Z-STAR XV

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 畑岡奈紗が今季初V 先週は予選落ちも「自分を信じてきて良かった」
×