ツアーニュース

全英裏大会に歴代覇者パットナムら出場

更新日:2022/07/14 13:20
全英裏大会に歴代覇者パットナムら出場
大会2勝目を目指すアンドリュー・パットナム(写真:Getty Images)

 

 全英オープンの裏開催となる米男子ツアーとDPワールドツアーの共催大会、バラクーダ選手権は14日、米カリフォルニア州のタホ・マウンテンC(7,480ヤード・パー71)を舞台に開幕する。

 今大会は各ホールにストローク数に基づいたポイントが設定されており、その合計値で争われる。昨年大会はエリク・バン・ルーエン(南ア)が通算50ポイントでツアー初優勝を手にした。

 前回王者は全英オープンに出場するため不在だが、2018年大会覇者で昨年2位のアンドリュー・パットナム(米)、2020年大会を制したリッチー・ワレンスキー(米)のほか、DPワールドツアーからラスムス・ホイガールト(デンマーク)、アレクサンダー・ノレン(スウェーデン)らが参戦する。

■各ホールのポイント
アルバトロス +8
イーグル +5
バーディ +2
パー 0
ボギー −1
ダブルボギー以上 −3

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 全英裏大会に歴代覇者パットナムら出場
×