ツアーニュース

古閑、難コースにスコア崩すも今季初Vに王手!

2010/04/03 07:04
古閑、難コースにスコア崩すも今季初Vに王手!

 

 国内女子ツアーのヤマハレディースオープン葛城は3日、静岡県の葛城ゴルフ倶楽部 山名コースを舞台に日没サスペンデッドとなっていた第1ラウンドの続きと、第2ラウンドの競技を終了。前日の暫定ながらトーナメントリードした古閑美保は、第2ラウンドでスコアを2つ落としたものの、通算2アンダーで天沼知恵子と並び首位(タイ)の座を守った。

 難コース・葛城に強風が吹き、トータルアンダーパーの選手がトップタイの2人のみという公式戦並みの厳しいコンディションに見舞われた今大会。昨年後続に8打差をつけて圧勝した前回覇者の黄アルム(韓)が通算イーブンパーながら3位タイにつけると、今季1勝の北田瑠衣も通算2オーバーで6位タイの好位置を確保した。

 08年のシーズン最終戦以来となるツアー12勝目を狙う古閑は、第2ラウンドの12番から3連続バーディを奪って後続を突き放したが、直後の15番でショットが狂い始め逆に3連続ボギーと失速。結局3バーディ、5ボギーの2アンダー74でホールアウトし今季初勝利に王手をかけたが、ピリッとしない内容に不満げな顔をのぞかせた。

 その他、不動裕理が通算4オーバー13位タイ、若手期待の藤本麻子は通算5オーバー23位タイ。ともにビジュアル系ゴルファーとして注目を集める金田久美子(通算11オーバー)と竹村真琴(通算19オーバー)の2人は、残念ながら予選落ちしている。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 古閑、難コースにスコア崩すも今季初Vに王手!
×