ツアーニュース

K.スタップルス単独トップ! 有村『68』で上位浮上!

2010/04/04 12:04
K.スタップルス単独トップ! 有村『68』で上位浮上!

 

 全英女子オープンチャンピオンのカレン・スタップルス(英)が、ただひとりスコアを二桁アンダーに乗せメジャー2勝目に王手をかけた。

 米女子ツアーの今季メジャー初戦クラフト・ナビスコ選手権は現地時間3日、カリフォルニア州ランチョミラージュのミッション・ヒルズCCを舞台に第3ラウンドを行い、前日2位タイにつけていたスタップルスが4アンダー68の好スコアをマーク。通算10アンダーとし、2位のスーザン・ピーターセン(ノルウェー)、ヤニ・ツェン(台)に1打差をつけトーナメントをリードした。

 通算7アンダー、4位タイに前日トップのキム・ソンヒ(韓)とロレーナ・オチョア(メキシコ)が並び、通算5アンダー、単独6位にカリー・ウェブ(豪)が続いており、ツアー未勝利のキムを除くと上位は全員メジャー優勝経験者たち。

「ポジティブなムードでいっぱい」と言うママさんプロのスタップルスはただひとり3日間60台を並べてトップに立ち笑顔全開。最終日は飛ばし屋のピーターセンとツェンに挟まれてのラウンドとなるが、6年前全英女子オープンを制したときは最終日の出だし2ホールでイーグル&アルバトロス(2ホールで5つスコアを伸ばす)の離れ業をやってのけた爆発力の持ち主。後続にはオチョア、ウェブら、優勝経験抱負な強豪が並んでおり、最後の最後までもつれそうだが、気力では誰にも負けてない。果たしてスタップルスは首位のまま最終18番に生還し、池への“勝利のダイブ”を敢行することは出来るだろうか?

 一方、この日は有村智恵が大健闘。出だしの1番でボギー、9番でもボギーと前半だけでスコアを2つ落としたが、後半に入ると別人のようなプレーで11番のバーディを皮切りに、8ホールで6バーディを奪う怒濤のチャージを披露。4アンダー68をマークし、通算3アンダーとすると、順位は前日の24位タイから一気に9位タイとトップ10圏内に浮上。東北高校の2年先輩、宮里藍の背中を見て「私も早くアメリカでプレーしたい」と海外志向の強い有村が、最終組一緒に回るのはクリスティ・カー(米)とブリタニー・ラング(米)。もちろん相手にとって不足はない。上り調子の有村が明日、メジャー大会での最高成績を目指す。

 また歴代優勝者のひとりで、ここのところ腰痛のためツアーから遠ざかっていたグレース朴(韓)が久々の好プレーで有村らと並ぶ9位タイに浮上。同じく9位タイには横峯さくら、ミッシェル・ウィー(米)、申智愛(韓)ら実力者がひしめいており、横峯は最終日ウィーと同組でプレーする。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. K.スタップルス単独トップ! 有村『68』で上位浮上!
×