ツアーニュース

シニア初V目指すM.オメーラ奪首! F.カプルスは出遅れ

2010/04/17 11:04
シニア初V目指すM.オメーラ奪首! F.カプルスは出遅れ

 

 悲願のシニア初勝利を目指すマーク・オメーラ(米)が頭ひとつ抜け出した。

 米チャンピオンズツアーは現地時間16日、アウトバック・ステーキハウス・プロアマ(フロリダ州TPCタンパベイ)を開幕。第1ラウンドで6アンダー65をマークしたオメーラが、2位タイのニック・プライス(ジンバブエ)とマイク・リード(米)に1打差をつけトーナメントをリードした。

 レギュラーツアー通算16勝を誇り、98年にはマスターズと全英オープンと2つのメジャーを制したオメーラだが、チャンピオンズツアー入りしてからの勝星は『0』。オメーラが勝てないのは同ツアーの七不思議の1つに数えられている。だがそろそろツキが回って来てもおかしくない。「今年はプロになってから30周年の区切りの年。今のところ熱心に練習した成果が出ていないけれど、いずれそれが出てくるはず」と好スタートを無冠返上に結び付けるつもりだ。

 一方、50歳にして前週マスターズで優勝争いを演じたフレッド・カプルス(米)はお疲れ気味。3バーディ、3ボギーの内容でイーブンパー71にとどまり、26位タイとやや出遅れた。今季同ツアー4戦3勝、2位1回と3位以下に終わったことがないカプルス。残り2日、巻き返しなるか注目だ。

 その他、60歳でマスターズ上位を賑わしたトム・ワトソン(米)は、4アンダー67でベルンハルト・ランガー(独)、トム・パーニスJr.(米)らと並び4位タイからのスタート。日本勢唯一出場の尾崎直道は1イーグル、3バーディを奪いながら、ボギーを5つ、ダブルボギーを2つ叩いて4オーバー75の乱調。59位タイとスタートダッシュはならなかった。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. シニア初V目指すM.オメーラ奪首! F.カプルスは出遅れ
×