ツアーニュース

尾崎、まずまずの19位タイ発進 4人が首位並走

2010/05/15 11:05
尾崎、まずまずの19位タイ発進 4人が首位並走

 

 昨年3位に入った相性の良い大会で尾崎直道がまずまずの滑り出しを切った。

 米チャンピオンズツアーのリージョンズ・チャリティ・クラシック(アラバマ州ロバート・トレント・ジョーンズ・トレイル at ロスブリッジ)が現地時間14日開幕した。出だし6ホールまでに3つバーディを奪い2アンダー34で前半を折り返した尾崎は、後半に入っても好調を維持し、13番から3連続バーディを奪い4アンダー68をマーク。ベルンハルト・ランガー(独)らと並び、首位グループに3打差の19位タイにつけた。

 上位は日本でも勝星があるルーキーのピーター・シニア(豪)の他、ジョーイ・シンドラー(米)、ラス・コクラン(米)、ボビー・クランペット(米)が7アンダー65で首位グループを形成。1打差の5位タイにデビッド・フロスト(南ア)、デビッド・ピープルズ(米)、R.W.イークス(米)が続いている。

 昨年の今大会で尾崎は最終日に逆転Vを狙ったが、悪天候のため36ホールに短縮されたことで単独3位に終わり悔しい思いを味わった。レギュラーツアー時代を含め、まだ経験していないアメリカ初優勝の夢を負い続ける53歳に、そろそろ勝利の女神が微笑んでも良い頃だ。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 尾崎、まずまずの19位タイ発進 4人が首位並走
×