ツアーニュース

G.マクドウェル逆転で2年ぶりツアー通算5勝目

2010/06/07 12:06
G.マクドウェル逆転で2年ぶりツアー通算5勝目

 

 首位に4打差の4位タイからスタートしたグラエム・マクドウェル(北アイルランド)が「生涯最高のファイナルラウンド」で逆転優勝を達成した。

 欧州ツアーのセルティック・マナー・ウェールズ・オープン(ウェールズ、セルティック・マナー・リゾート)は現地時間6日、最終ラウンドを行ない、ノーボギーの8アンダー63と爆発したマクドウェルが、コースレコードの『62』を叩きだしたリース・デービス(ウェールズ)に3打差をつけ、2年ぶりとなる嬉しいツアー通算5勝目を飾った。

 2つのイーグルを奪う猛攻を見せたデービスに対し、マクドウェルは前半3連続を含む6つのバーディでトップに躍り出ると、10、11番も連続バーディ。勝利を決定づけた。「これまでのゴルフ人生で最高のファイナルラウンドだった。特に前半は夢のようなラウンドだった」と会心のゴルフを振り返ったマクドウェル。一方のデービスは16番で痛恨のボギーを叩いたものの、15番までに10スコアを伸ばし「59が頭に浮かんだ」のだとか。しかし最後は経験と実績の差でマクドウェルが栄冠に輝いた。

 その他、前日までトップを走り6年ぶりの優勝に王手をかけていたマーセル・シム(独)は3番パー3で2度も池につかまるミスでそのホール『7』の大叩き。早々と優勝戦線を離脱し、通算8アンダー単独7位に終わった。また今季すでに復活Vを飾っているルーク・ドナルド(英)はこの日6アンダー65で回り、通算10アンダー単独3位。エドアルド・モリナリ(伊)、スティーブン・ギャラハー(スコットランド)、ロバート・ロック(英)が通算9アンダー4位タイに入った。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. G.マクドウェル逆転で2年ぶりツアー通算5勝目
×