ツアーニュース

馬場が2年ぶりVに王手! しのぶは連覇に黄信号

2010/06/12 07:06
馬場が2年ぶりVに王手! しのぶは連覇に黄信号

 

 国内女子ツアーのサントリーレディスオープンゴルフトーナメントは12日、兵庫県の六甲国際ゴルフ倶楽部を舞台に第3ラウンドの競技を行った。公式戦以外では唯一の4日間トーナメントとなっている今大会。勝負のムービング・サタデーを制して単独トップに踊り出たのは、ここ2年以上ツアー勝利から遠ざかっている馬場ゆかりだった。

 首位と1打差の2位タイからスタートした馬場は、4番パー5で初バーディを奪うと、中盤以降も安定感抜群のプレーを披露する。六甲の難コースに各選手ともスコアを崩していく中、トーナメントリーダーとして迎えた16番パー4では、グリーンのファーストカットから3打目を直接ねじ込む会心のバーディ奪取。難関の上がり2ホールもパープレーでしのぎ、ノーボギー(2バーディ)の2アンダー70でホールアウト。通算4アンダーの単独トップで3日目を終えた。優勝に王手をかけて臨む最終ラウンドでは、2008年4月のライフカードレディスゴルフトーナメント以来およそ2年2か月ぶりとなるツアー勝利を目指す。

 一方、ディフェンディング・チャンピオンの諸見里しのぶはショット、パットともに精彩を欠いてノーバーディ、2ボギーの2オーバー74。通算1オーバーまでスコアを落とし、首位と5ストローク差の単独9位と大会連覇に黄信号がともった。また、右ひざ半月板損傷を抱えながら出場を続ける上田桃子は4バーディ、3ボギーの1アンダー71。通算2オーバー10位タイと優勝圏内ギリギリに踏みとどまっている。3日目にしてようやくアンダーパーをマークした上田は、気分良く最終ラウンドを迎えられそうだ。

 上位陣は、馬場と1打差の単独2位に前日トップの飯島茜、通算1アンダー3位タイに上原彩子、服部真夕、イム・ウナ(韓)がつけ、通算イーブンパー6位タイに森田理香子ら3人が続いている。その他、不動裕理は上田と同じ通算2オーバー10位タイ、有村智恵はこの日4オーバー76を叩き通算7オーバー33位タイまで順位を落とした。

 今年のサントリーレディスは連日トップが入れ替わる目まぐるしい展開となっているだけに、最終日最終ホールまで優勝争いの行方から目が離せない。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 馬場が2年ぶりVに王手! しのぶは連覇に黄信号
×