ツアーニュース

全が今季2勝目に王手! さくら6位タイ浮上

2010/06/19 06:06
全が今季2勝目に王手! さくら6位タイ浮上

 

 国内女子ツアーのニチレイレディスは19日、千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コースを舞台に第2ラウンドの競技を行い、初日『66』で首位タイの全美貞(韓)が4アンダー68をマーク。通算10アンダーまでスコアを伸ばして単独トップに躍り出た。先月のヨネックスレディスゴルフトーナメントで後続に5打差をつけ完全優勝を果たした韓国の強豪が、今季国内ツアー初の複数優勝へ王手をかけた。

 上位陣は、67-69と2日連続60台を出した竹末裕美が通算8アンダーの単独2位につけ、通算7アンダー3位タイに葉莉英(中)とヤング・キム(韓)、さらに通算6アンダー単独5位にイ・ジウ(韓)が続き、外国勢が上位を占めている。

 この日トップと4打差11位タイからスタートしたディフェンディング・チャンピオンの横峯さくらは、初日に続き序盤の2番で初バーディ奪取。スコアを2つ伸ばして前半を折り返し、後半もバーディ先行の展開となるが、17番パー3でティーショットをラフに入れボギーを叩く。しかし、最終18番パー5では得意のドライバーショットが冴え2オンに成功すると、イーグルこそ逃すも楽々とバーディフィニッシュ。2日目は6バーディ(3ボギー)の3アンダー69をマークし、通算5アンダー6位タイまで順位を上げた。首位の全とは5ストロークの差があるものの、大会連覇へ望みをつないでいる。

 その他、ギャル系ゴルファーとして注目を集める金田久美子が通算3アンダー12位タイで予選突破。また、史上2番目の早さで生涯獲得賞金4億円を狙う諸見里しのぶは1アンダー71にスコアをまとめ、古閑美保、北田瑠衣らと並び通算1アンダー20位タイ。今季すでに勝利を挙げている有村智恵(通算イーブンパー26位タイ)、飯島茜(通算1オーバー29位タイ)、服部真夕(通算2オーバー40位タイ)が決勝ラウンド進出を決める一方、同じく今季1勝の不動裕理と甲田良美は予選落ちを喫している。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 全が今季2勝目に王手! さくら6位タイ浮上
×