ツアーニュース

全米女子オープン ドライバーで打つ? 252yのパー3

2010/07/07 01:07
全米女子オープン ドライバーで打つ? 252yのパー3

 

 米女子ツアー、メジャー第3戦となる全米女子オープン(現地時間8〜11日、ペンシルベニア州オークモントCC)の長いパー3が選手たちを戦々恐々とさせている。

 252ヤードにセッティングされた8番が問題のホール。雨が降ればティーは前に出されるが、それでも225ヤードになることが予定されている。これまでの大会最長パー3は、2008年インターラチェンCCの227ヤード。つまり、252ヤードなら大会史上最長のパー3となるわけだ。

 現在、同ツアーのドライビングアベレージは245.9ヤードであり、コンディション次第ではドライバーを手にする選手も多くなりそう。252ヤード以上の平均飛距離を持つ選手となると、272.8ヤードでこのランキング首位に立つミッシェル・ウィー(米)を筆頭にわずか39人しかいない。

 2週前のLPGA選手権に優勝し、世界ランキング1位に浮上したクリスティー・カー(米)は「大きいグリーンだし、転がるスペースもある。面白いチャレンジになると思う」と、不敵な笑みを浮かべて自信をのぞかせている。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 全米女子オープン ドライバーで打つ? 252yのパー3
×