ツアーニュース

李知姫が首位スタート! 連覇狙う有村は出遅れ

2010/07/16 04:07
李知姫が首位スタート! 連覇狙う有村は出遅れ

 

 国内女子ツアーのスタンレーレディスゴルフトーナメントは16日、静岡県の東名カントリークラブを舞台に第1ラウンドの競技を行い、6バーディ、1ボギーの5アンダー67をマークした李知姫(韓)が単独首位スタートを切った。福嶋晃子、北田瑠衣、飯島茜ら5人が2打差の2位タイで追走している。

 ディフェンディング・チャンピオンの有村智恵は、6番でボギー先行となるも直後の7番から連続バーディを奪い1アンダーで前半を折り返す。ところが、バックナインに入り11番、12番の連続ボギーで貯金を吐き出すと、最後までスコアを戻せずに1オーバー73でホールアウト。トップの李とは6ストローク差の35位タイで第1ラウンドのプレーを終えた。前週米女子ツアーのメジャー大会・全米女子オープンに参戦し、アメリカ屈指の難コースで4日間を戦い抜いた疲れが出たのか、有村の大会連覇に初日から黄信号がともる結果となっている。

 同じく、前週全米女子オープンで決勝ラウンドまで進んだ諸見里しのぶは1バーディ、ノーボギーの1アンダー71で15位タイ。また、5月のワールドレディスチャンピオンシップ途中棄権から出場自粛を続け今大会で9戦ぶりにツアー復帰した三塚優子だが、この日は1オーバー73で回り有村と並ぶ35位タイにつけた。

 その他、古閑美保と新人の綾田紘子が3オーバー75で66位タイと出遅れ、ビジュアル系ゴルファーの竹村真琴も6オーバー78で98位タイに低迷している。なお、今季国内ツアーで2勝をマークしている不動裕理と全美貞(韓)の2選手は出場していない。

関連記事

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 李知姫が首位スタート! 連覇狙う有村は出遅れ
×