ツアーニュース

2009年の全米プロ覇者、Y・E・ヤン 過少申告で失格

2021/05/22 09:39
2009年の全米プロ覇者、Y・E・ヤン 過少申告で失格
2009年の全米プロ覇者、Y・E・ヤンが失格(写真:Getty Images)

 

 Y・E・ヤン(韓)がスコアの過少申告により、海外男子メジャーの全米プロゴルフ選手権(米サウスカロライナ州/キアワ・アイランド・ゴルフ・リゾート オーシャンC)の第2ラウンドで失格となった。

 2009年大会覇者のヤンは10番パー4で「5」を叩いたが「4」と記入しスコアカードを提出してしまった。この日の正しいスコアは「83」だったが、仮に「82」だとしても予選落ちだったため気が抜けてしまったのだろうか。

【ゴルフ規則3.3b】
ストロークプレーのスコアリング

(3)ホールの間違ったスコア。プレーヤーがホールについて間違ったスコアのスコアカードを提出した場合

・提出されたスコアが実際のスコアよりも多い。そのホールに対して提出された多いスコアが有効となる。

・提出されたスコアが実際のスコアよりも少ない、またはスコアが提出されなかった。そのプレーヤーは失格となる。

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 2009年の全米プロ覇者、Y・E・ヤン 過少申告で失格
×