ツアーニュース

H.イングリッシュが単独トップ発進 初優勝コースで「62」

2021/08/06 13:45
H.イングリッシュが単独トップ発進 初優勝コースで「62」
8アンダー単独トップにつけるハリス・イングリッシュ(写真:Getty Images)

 

 5日、世界選手権シリーズのWGC-フェデックス・セントジュード招待(米テネシー州/TPCサウスウィンド)は第1ラウンドが終了。ハリス・イングリッシュ(米)が10バーディ、2ボギーの「62」を叩き出し、8アンダー単独トップ発進を切っている。

 この日のイングリッシュは1番から4連続バーディを奪うロケットスタート。さらに6番、7番、9番でもスコアを伸ばして前半を「28」で折り返す。後半に入ると2つボギーが先行して勢いが止まったかに見えたが、終盤15番、16番、18番をバーディとして後続に2打差をつけた。

「10番と12番で2つボギーを叩いたけど巻き返すことができた。上がり4ホールで3バーディは最高のフィニッシュだったね」と初日を振り返るイングリッシュ。2013年にツアー初優勝を飾った思い出のコースで今季3勝目を挙げることができるか注目だ。

 なお、日本勢は松山英樹が4バーディ、2ボギーの「68」をマークし、2アンダー26位タイ。木下稜介は2バーディ、6ボギーの「74」で回り、4オーバー64位タイとなっている。

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. H.イングリッシュが単独トップ発進 初優勝コースで「62」
×