ツアーニュース

ネリー・コルダが連覇 笹生優花13位、古江彩佳48位

2022/11/14 12:11
ネリー・コルダが連覇 笹生優花13位、古江彩佳48位
大会連覇のネリー・コルダ(写真:Getty Images)

 

 米女子ツアーのペリカン女子選手権は13日、米フロリダ州のペリカンGC(6,341ヤード・パー70)で最終ラウンドが行われ、2打差5位タイから出たネリー・コルダ(米)が「64」を叩き出し、通算14アンダーで連覇、ツアー通算8勝目を手にした。

 通算13アンダー単独2位にレクシー・トンプソン(米)、通算11アンダー単独3位にアリセン・カーパズ(米)、通算9アンダー4位タイにモーガン・メトロー(スイス)、ハンナ・グリーン(豪)、ギャビー・ロペス(メキシコ)が入った。

 笹生優花は3日連続の「68」で通算6アンダー13位タイ。古江彩佳は「72」と落とし、通算イーブンパー48位タイで終えている。

 今大会はハリケーンの影響で10日のラウンドが中止となり、54ホールに短縮された。

ペリカン女子選手権のリーダーボードはこちら
  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. ネリー・コルダが連覇 笹生優花13位、古江彩佳48位
×