ツアーニュース

武藤俊憲が単独首位に、藤田寛之は46位タイ後退 国内男子ファイナルQT

2022/12/07 19:00
武藤俊憲が単独首位に、藤田寛之は46位タイ後退 国内男子ファイナルQT
武藤俊憲 ※写真は2020年3月(写真:Getty Images)

 

 国内男子ツアーの来季出場権をかけたファイナルクォリファイングトーナメント Supported BY SMBC モビットは7日、宮崎県のトム・ワトソンゴルフコース(6,984ヤード・パー72)で2日目が終了。首位タイから出たツアー通算7勝の武藤俊憲が「67」でプレーし、通算9アンダー単独首位に立った。

 通算7アンダー単独2位に安森一貴、通算6アンダー単独3位に坂本隆一、通算5アンダー4位タイにアンドルー・エバンス(豪)、坂本雄介、海老根文博、前田光史朗、通算4アンダー8位タイに竹谷佳孝、宇喜多飛翔、木下康平、竹山昂成、河合庄司が続いている。

 米澤蓮は通算3アンダー13位タイ、高山忠洋は通算1アンダー27位タイ、中西直人、額賀辰徳は通算イーブンパー33位タイで3日目へ。

 16位タイからスタートしたツアー通算18勝の藤田寛之は「75」と3つスコアを落とし、秋吉翔太、手嶋多一らと通算2オーバー46位タイ。杉原大河は通算6オーバー77位タイ、矢野東は通算9オーバー86位タイ、薗田峻輔は通算11オーバー91位タイとなった。

 優勝者には2023年度のツアー年間のシード権が与えられ、次位者以降はその順位により前半戦の出場が可能となる。

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 武藤俊憲が単独首位に、藤田寛之は46位タイ後退 国内男子ファイナルQT
×