頭文字   メーカー名   ブランド名 
ドライバー
FW・UT
アイアン
ウェッジ
パター
ボール
シャフト
グリップ
シューズ
距離計測器
クチコミする

シャフトのランキング ] 

FST、KBSツアー C-Taperの評価

KBSツアー C-Taperについてクチコミするお気に入りリストに加える

メーカー FST
ブランド KBS
商品名 KBSツアー C-Taper (21件)
価格 オープン
公式ページ http://kbsgolfshafts.jp/
累計の総合評価 累計の総合評価  5.5点
ランキング
最近180日間
スペック キックポイント:中元調子
重量:110、115、120、125、130g
フレックス:R、R+、S、S+、X
商品登録日 2011年7月22日(金)

クチコミする!

KBSツアー C-Taper
カテゴリー別評価
飛距離4.1点
方向安定性4.7点
操作性4.2点
フィーリング4.4点

KBSツアー C-Taperのクチコミ一覧

1〜5件/21件

フリートウッド好き(1)
年齢:46歳
性別:男性
ゴルフ歴:16年〜20年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:80〜84
平均ラウンド数:月1くらいかな

参考になったポイント:2

2019/11/9 (土) 14:25
point

シャフト硬度「S」

現在、タイトリストの716MBとAkiraのウェッジに差しています。長年DGを使用し、粘りすぎてスパッと振り切れない感じに悩みつつも、軽量シャフトは合わず、乗り換えができていませんでした。
C-taperは、DGよりも重量もバランスも軽いため、ロングアイアンが振りやすくなります。軽くて硬く感じるので、ショートアイアン以下では、クラブ重量を感じて上からドンっと打つ方法は合いませんでした。
特性としては、中先はカチカチで、手元はしっかりしなり、しなり戻りもかなり速いので、スイング前半に派手に動かすと、インパクトでしなり戻りが終わっており左に引っ掛けます。逆に、ダウンスイングでは丁寧に動かして、スイング後半にしっかりシャフトに負荷を掛けて強く振り抜けば、インパクト前後でシャフトが動いて球をしっかり潰してくれますし、方向性もDGより安定します。
あと、軽・硬のおかげかヘッドが垂れにくくなるので、DGよりもダフりにくいかも知れません。
打感はDGより少し軽くなります(ヘッド:マッスルバックで比較)。
バランスを少し感じにくいことから、クラブの重みを感じつつ毎回フィーリングで振るよりも、スイングの形を決めてしまって、ロングアイアンからウェッジまで同じ振り方をする方が球筋が安定します。
全体的に少し軽くて、手元のしなり戻りがかなり速いため、フォローで加速させるような振り方をする場合、小さなスイングでもロングアイアンまでスパッと打てて飛距離もしっかり出るのが、このシャフトの最大の特長かと思います。

TKC(132)
年齢:49歳
性別:男性
ゴルフ歴:6年〜10年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:80〜84
平均ラウンド数:月に2回は行きます

参考になったポイント:7

2019/5/19 (日) 18:45
point

シャフト硬度「S+」

暖かくなり、ヘッドスピードも冬の45、6から48まで上がったので、
S200からチェンジしました。

昨年までは、X100を使ってのですが、もう少し軽くスパッと振り切れるシャフトにしようかなと
思い、プロジェクトX6.0、同LZ6.0とこれで悩んだのですが、DGばりの手元の粘りと
プロジェクトばりの程よい硬さが非常に振り心地がよく、特にロングアイアンでは、
シャフトのしなりがカーボンっぽく、飛距離もブレードアイアンのヘッドなのに
5Iで軽く190超えでもう即採用しました。

KBSは5年前にTour120(だったけ?)を使って以来なので、正直どうかなと思いましたが、
ヘッドがミズノのブレードってこともあり、ミドルアイアンまではダウンブローで
ターフを取りまくって、ロングアイアンではスパっと振りちぎって、
左に引っ掛けまくった以前のKBSとは全くの別物シャフトでした。

ちなみに、プロジェクトX6.0も同時にコースで打ってみましたが、
硬さと撓りが全く合わず、5.5だと軽すぎるので、結果こいつで良かったなと思います。

リッキーも以前まで同シャフトの同フレックスを使っていたので、
「リッキーファウラーがS+なのに、俺ぐらいのHSで振れるのかな・・・」と
正直不安になりましたが、コースではしっかりした重さが逆に方向性が良くなり、
でも振りやすいのでHSも落ちず、結果ピンに刺しまくって最高のスコアでした☆

弾道は、高すぎでもなく、低すぎでもなく、吹き上がる感じの球は出ませんでした。

シャフトのカラーもサテンで落ち着いて、晴れた日のギラツキもありませんが、
知らない人からはよくカーボンシャフトと間違わられます笑

あまり試打できるところがないので、正直悩むところですが、
プロジェクトとDGの良いとこどりって思っていただいても良いかもしれません。
強いて言えばLZが近いかもしれません。

ドライバーシャフトでマッチするのは、テンセイのオレンジ、クロカゲXD、DI、GP、IZ、エボTSあたりでしょうか。

kamiやん(148)
年齢:52歳
性別:男性
ゴルフ歴:21年以上
平均ヘッドスピード:41m/s〜45m/s
平均スコア:100〜109
平均ラウンド数:年に1回行くか行かないか

参考になったポイント:6

2018/10/13 (土) 18:27
point

シャフト硬度「R」

シャフト合同試打会にKBSのブースがあったので、試打しました。

最新のS-Taperと比較しましたが、両方とも手元が撓ってタイミングが取りやすいですが、C-Taperの方が先端剛性が高く、インパクトが一定で、出玉が安定してました。プロジェクトXLZに似た感じがします。
軽硬なアイアンシャフトを探しておられる方にお薦めします。

試打の機会が殆どないので、本当に貴重な体験でした。

炉利(6)
年齢:42歳
性別:男性
ゴルフ歴:6年〜10年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:90〜99
平均ラウンド数:月1くらいかな

参考になったポイント:30

2017/5/21 (日) 9:39
point

シャフト硬度「S」

今までDG S200、AMTS200を使っていて左へのひっかけが多く少し硬めのをと思いミズノフィッティングへ行きました。
DG X100かCTAPER120Sという結果になり、何度も試打した結果CTAPERのが振りやすく、MP66で組みました。
自分も前評判通りただの棒というイメージがあったので、最初にCTAPERの診断を受けた時は購入をせず、半年後に再フィッティングしてまた同じ結果と振りやすさを感じることができたので、CTAPERに決めました。
実際手にして棒のような硬さは感じず、逆にカーボンじゃないか?ってぐらいの撓りを感じで弾いて飛んでいきます。メーカーの謡い通り少し棒玉になり距離も5y程伸びました。
ずっとDGで慣れている為打感と撓りは少し慣れが必要ですが、全体で粘りながら撓り戻るのですが、インパクトの瞬間はあっというまに撓り戻り切れ味鋭く振りやすいです。

下の方が仰る通り、正しいスイングができないと途端に棒になります。
良いスイング作りにもなりそうです。
ちなみ自分のHSは45、ゆったりスイングです。KBS TOURも試しましたがTOURのほうが硬く感じました。またProjectXは棒でした笑
とにかくイメージだけで判断せず、試打をしたほうがいいです。
自分には今流行りのMODUSは全然合わなかったです。

sedakoumei(9)
年齢:44歳
性別:男性
ゴルフ歴:6年〜10年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:80〜84
平均ラウンド数:月に2回は行きます

参考になったポイント:23

2017/5/19 (金) 9:43
point

シャフト硬度「s+」

DG X100からのリシャフトです。PJX6.0に近い感覚です。
総重量が軽くなり,楽に振れる。先端の硬さもありますが思いのほか球が上がる。飛距離も伸び、アゲインストの状況で吹けずに前へ飛んでくれる。
操作性も高く、左のミスも軽減。
デザインもステップレスでシンプルでかっこいい。
ただバランスが出ないのはやや難点です。

1 | 2 | 3 | 4 | 5  次へ>

dot あなたもクチコミ投稿してみませんか!?
会員登録はこちらから>>>

クチコミが参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

一覧へ

Q&Aの回答が参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

Copyright © 2019 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop