ギアカテゴリ
メーカー
  • ブランド
アイアンのランキング ] 

ピンゴルフ、G410 アイアンの評価

G410 アイアンについてクチコミするお気に入りリストに加える

メーカー ピンゴルフ
ブランド G410
商品名 G410 アイアン (10件)
価格 19,440円(1本)〜
公式ページ http://www.pinggolf.co.jp/
累計の総合評価 累計の総合評価  5.6点
ランキング
最近180日間
13位/1185商品中
スペック ヘッド素材:ステンレススチール
ロフト角(#7):30°
ライ角(#7):62°
商品登録日 2019年1月23日(水)

クチコミする!

G410 アイアン
カテゴリー別評価
やさしさ4.9点
構えやすさ4.5点
操作性3.8点
打感4.1点
方向性4.7点
コストパフォーマンス4.2点

G410 アイアンのクチコミ

 

HK6(26)
年齢:65歳
性別:男性
ゴルフ歴:21年以上
平均ヘッドスピード:41m/s〜45m/s
平均スコア:80〜84
平均ラウンド数:週一でプレーしてます

参考になったポイント:18

2019/6/17 (月) 17:46
point

シャフト「Modus3 Tour 105」、 シャフト硬度「S」

60歳を超えて信じられないほど飛距離ダウン。レッスンを受けて多少回復しましたがそれでも7番アイアンで140ヤード。これはもうクラブに頼るしかないとあれこれ試打させてもらいました。飛距離に特化したクラブは打ち易く170ヤード以上飛び惹かれましたが使用者を見ているとスコアは以前と変わらずで、どうも下との繋がりに問題がある様子。調度中間の感じでキャロウェイAPEXとこれとは160ヤード前後飛び下との繋がりもスムーズに行けそうに感じどちらかで迷いました。どちらも弾く感じの打感ですがAPEXは軽く感じられこちらは力強く感じられこちらに決定。マットの上での比較なので抜けの具合はあまり判りませんでした。使用して3カ月程ですが弾く打感にもなれ飛距離もつかめてきました。流石ピンのハイバウンスソールは抜けが良く少し位嚙んでも飛距離は落ちない感じです。多少のラフもOK。芯も広く安心して振りぬけます。私の場合、現場では155ヤード前後で7番を選びます。直進性が高く振りぬいた方向に飛んでいくという感じです。お陰で平均飛スコアが2〜3UPしました。

tahinako(1)
年齢:56歳
性別:男性
ゴルフ歴:16年〜20年
平均ヘッドスピード:41m/s〜45m/s
平均スコア:90〜99
平均ラウンド数:月1くらいかな

参考になったポイント:3

2020/7/17 (金) 21:30
point

ロフト角「23.5」、 シャフト「N.S.PRO 950GH neo」、 シャフト硬度「S」

ゼクシオ5からの買い替えです。まだ練習場で打っただけですが感想を少し…
フェースは大きいです。というより長い。ゼクシオより高さがないので多少スッキリはしていますが。ただ、長い番手ではアドレス時にトレーリングエッジが視界に入ってきます。もう少しソールが薄ければいいのでしょうが、そうすると重心深度が浅くなるし…まぁ、この手のクラブを使う以上、慣れるしかないんでしょう。
弾道は高いです。スピンで上がるというより打ち出し角を上げて落下角度を増やして止めるという感じです。「ハーフトップ!」と思ってもそこそこ上がります。ハイバウンスのせいでしょうか。フック、スライスは出ません。ミスした時は曲がるのではなく、左右どちらかに真っ直ぐ飛んでいきます。打音は高いのですが、打感はそれほど硬くはないと思います。
飛距離は元々ゼクシオを使っていたのでそれほど飛ぶとは思いませんでしたが、バラつきが少ない分、平均距離では上だと思います。
特筆すべきはPWでしょうか。とにかく抜けがいい!ザックリ、トップしにくくキレイにボールを拾えます。

910(61)
年齢:43歳
性別:男性
ゴルフ歴:21年以上
平均ヘッドスピード:41m/s〜45m/s
平均スコア:80〜84
平均ラウンド数:月1くらいかな

参考になったポイント:8

2020/7/12 (日) 16:22
point

シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR105」、 シャフト硬度「S」

普段はG25アイアンを使用しています。

G30以降いろいろと試打していますが、G410はとても良かったです。

G25の4番アイアンはロフトが23度ですが、G410はロフトが20.5度です。

しかし高さはしっかり出ます。G25は3番からLWまで11本なんですが、
G410は4番からLWまで10本で済むのでその分もう1本入れることが
できます。
G25ではほぼ同じロフトの20度の3番アイアンを打ちこなすのは難しいのですが、G410だとほぼ同ロフトの20.5度の4番を打ちこなすことができ、200Yを点で狙いに行くことができます。
これは大きな武器となります。


その他特筆するのはG25だとたしかにSW LWがとても良くできてはいるのですが、G410のSW LWは打てばわかるのですが、それを凌駕するほど
打ちやすくぬけがいいです。

なのでG25のLWでは打ちにくかった下りの奥からの10Yのアプローチもしっかりスピンを効かせて寄せることができます。

G410はG25を愛用してきた方にはしっくりくるアイアンだと思います。
1セット持っていても損はないと断言できますね。

Tomokazu(46)
年齢:55歳
性別:男性
ゴルフ歴:21年以上
平均ヘッドスピード:41m/s〜45m/s
平均スコア:80〜84
平均ラウンド数:月に2回は行きます

参考になったポイント:9

2020/4/10 (金) 10:31
point

シャフト「AWT2.0 LITE」、 シャフト硬度「S」

ここ最近、加齢のせいもあるのか、軟鉄鍛造に拘っていた同級生連中が『いかにも』なやさしいお助け要素満載なアイアンに変更してあっさりと70台のスコアで回って来るのを見て、自分もちょっとマネしてみようと思い、i210から標記アイアンへ変更して2Rしてきました。

【やさしさ】
このやさしさを求めてこのクラブに変更した通り、i210と比較しても芯が一回り大きくなったのが実感できます。またシャフトも、今までちょっと違和感のあったMODUS105RからAWT2.0Liteに変更したことで、ずいぶん振りやすくなりました。

【構えやすさ】
i210はどちらかと言うとシュッとしたやさしい男前顔なのに対し、このクラブは構えた瞬間、デカいと感じる大きな顔に最初は戸惑いましたが、練習場で100~150球程度打ち込んでみると、あまり気にならなくなりました。

【操作性・方向性】
このクラブを選択した時点で、操作性は期待していません。とにかく真っすぐ目標方向へ飛ばすことを目的として購入したので、そういう意味では満足です。

【打感】
i210と比較して1ランク柔らかい感じです。インパクトの瞬間、カシュッとした乾いたシャッター音を発するにもかかわらず、手応え的には、まるでフェース面にラバーが貼ってあるかのような人工的な柔らかさを感じます。ただ、この打感は好き嫌いがハッキリ分かれると思いますが、自分は好きですね(使用ボールはPro V1X)

【コストパフォーマンス】
さすがにPING。実勢価格としては文句なしですね。

【所感】
このクラブを打ってみて感じる事はやはり『やさしい』と言うのは一番の武器になりますね。多少のミスショットはクラブがカバーしてくれるので、意識を100%目標に集中できます。そして、このクラブはストロングロフトで購入時にはボールが落下してからコロコロとだらしなく転がるんじゃないかと懸念していましたが実際には全くそんなことはなく、十分高弾道で、放物線の頂上から一伸びしてポトリと落下して止まる弾道です。
参考までに自分の飛距離ですが#7アイアンでi210では145yd、G410では155yd、という目安です。

herabuna(6)
年齢:57歳
性別:男性
ゴルフ歴:21年以上
平均ヘッドスピード:41m/s〜45m/s
平均スコア:90〜99
平均ラウンド数:月に2回は行きます

参考になったポイント:17

2019/8/16 (金) 12:07
point

ロフト角「24」、 シャフト「MODUS3 TOUR105」、 シャフト硬度「S」

購入後、実戦投入してみての感想です。
G400アイアンからの入れ替えですが、5ヤードほど飛ぶようになったため、その分力まずに打つようになったこと、G400がアップライト過ぎて左へのミスが多かったのを、今回は少しフラットにして方向性が良くなったこと、ウェッジもすべて同シリーズで揃えて、全て同じ感覚で打てるようになりました。
それらの相乗効果で、年間アベレージがここ5年間100を切れなかったのが、6年ぶりに80台が出せました。また10年以上昔に出した81の自己ベストを一生更新があり得ないと思っていたのに、35度を越える猛暑の中で自己ベストの80が出てしまいました。
要因はこのアイアンにして方向性が格段に良くなったことと、ウェッジが安心して打てるようになったことが上げられます。100ヤード以内は確実に3打以下で上がれるようになり、大叩きしなくなりました。
最近の3ラウンドのアベレージは86と自分でも大変驚いています。
これに気を良くしてドライバー、FW、UTもG400から全てG410に変更してしまいました。それぞれの感想はまた別途投稿させていただきます。
今回アイアンのライ角の重要性をあらためて再認識した次第です。
渋野選手効果もあり、ゴルフ仲間ではピンの人気が急上昇中で、友人も早速G410アイアンを注文しました。
このアイアンのおかげで楽しいゴルフライフが送れそうで、感謝しています。

過去のクチコミ

ポイント:6

2019/6/15 (土) 12:46
point

G30アイアンからピン信者となり、昨年G400アイアンに入れ替え、ドライバー、FW、ハイブリッドとパターとウェッジ以外はすべてG400シリーズになり、クラブにも慣れて、今年はAVEも昨年より5打も良くなっていました。標準より5度アップライトなマルーンのライ角のため、8番以下ではつかまりが良すぎることと、フォーティーンのウェッジとのライ角やロフト角のつながりが悪いのが悩みでした。
そのような悩みをかかえながら、新しく出たG410アイアンがどう変わったのか興味があり、ゴルフ量販店で試打をしてみました。
シャフトは現仕様のライトから10gほど重い元調子のモーダスツアー105とし、ライ角は標準より2度アップライトのグリーンで試打を行いました。
計測ではほぼ真っ直ぐに飛んでおり、飛距離も7番で165ヤード前後とG400とロフトや長さが同じなのに10ヤードほど伸びていました。打感もマイルドになっており、シャフトもタイミングが取りやすく、値引きも新製品にも関わらず頑張ってもらえるということで、即決で購入を決めました。
番手は6番〜9番、P、U50、S54、L58の8本セットとしました。
納品され、早速練習に行きましたが、期待通りのアイアンで、無理して買い替えて正解でした。
以下G400アイアンとの比較です。
‖粘兇マイルドになっている
打ちやすく、より楽に球が上がる
H距離は5〜10ヤード伸びた
い茲螢潺垢剖くなり、曲がり難い
ゥΕД奪犬鯑吋轡蝓璽困砲靴燭燭疥れがよく、打ちやすい。グライド溝でスピンもきく
G400は艶消しシルバーで、クラブどうしが当たるとその部分が艶が出るため嫌だったが、410はやや艶ありシルバーとなり傷が付き難くなってありがたい。また見た目のカッコ良さも増した。
G400よりスピンが増えている感じで、球筋が理想に近い。
過去15回以上アイアンを入れ替えていますが、自分史上最も打ちやすく、方向性も良く、飛距離が出るアイアンです。
初級者だけでなく中級者もいろいろと恩恵があるオススメアイアンだと思います。
今回の投資分もスコアアップにより、コンペ賞品であっという間に減価償却出来そうです。ラウンドが大変楽しみです。

1 | 2  次へ>

dot あなたもクチコミ投稿してみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

クチコミが参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

一覧へ

Q&Aの回答が参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

Copyright © 2020 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop