ツアーニュース

史上5人目の2年連続賞金王 今平周吾を振り返り

2019/12/29 11:30
史上5人目の2年連続賞金王 今平周吾を振り返り
来季は3年連続の賞金王を狙う今平周吾(写真:Getty Images)

 

 今平周吾は2019年も素晴らしい活躍だった。

 5月の中日クラウンズで単独2位に入ると、関西オープンで7位タイ、ミズノオープンで9位タイ、6月の日本ゴルフツアー選手権で単独2位に入るなど2018年と同様に安定したゴルフを展開した。

 初優勝は10月のブリヂストンオープンと時間はかかったものの、翌月のダンロップフェニックスで2勝目を挙げ、目標としていたシーズン複数回優勝を達成。

 いずれの試合も短縮競技と珍しい形だったが、それだけ好スタートを切るのが上手い選手ということだ。

 そして最終戦のゴルフ日本シリーズJTカップでは、ショーン・ノリス(南ア)との賞金王争いを制し、史上最年少記録で2年連続となる賞金タイトルを手にした。

 25試合に出場し、トップ10入り16回とシーズンを通して好成績を収め、世界ランキングも今季スタート時は53位だったが、12月22日時点で同31位と日本勢2番手につけており、東京五輪出場圏内にいる。

 来季は片山晋呉が2004〜2006年に記録した以来の3年連続賞金王を狙う。

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 史上5人目の2年連続賞金王 今平周吾を振り返り
×