ツアーニュース

2位浮上のリード 深いラフにつかまりトラブルも「66」

2020/01/04 17:00
2位浮上のリード 深いラフにつかまりトラブルも「66」
1打差2位に浮上したパトリック・リード(写真:Getty Images)

 

 セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズは3日、ハワイのプランテーションC at カパルアで第2ラウンドが行われ、2015年大会覇者のパトリック・リード(米)が通算8アンダー2位タイで週末を迎える。

 雨、風が強い中でのラウンドだったが、前半を4アンダーで折り返し、15番ではトラブルに見舞われボギーとしたが3つ伸ばし7アンダー「66」を記録した。

 15番はセカンドショットを左に曲げ、深いラフにつかまった。

「コースボランティアの方が見つけてくれた。探している時にボールが動いてしまい奥に沈んでしまったが、元に戻せたことはラッキーだった」とロストの可能性もあっただけにボギーで収められたのは幸運だった。

 この日のラウンドについては「上手くボールをコントロールすることができた。昨日はショットの調子が悪く、コーチと話してプランを組み立て直したことがプラスに働いた」と話している。

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 2位浮上のリード 深いラフにつかまりトラブルも「66」
×