ツアーニュース

最年長優勝を目指すストリッカー「優勝するのはただ事ではない」

2021/02/06 15:19
最年長優勝を目指すストリッカー「優勝するのはただ事ではない」
最年長優勝を狙うスティーブ・ストリッカー(写真 : Gettty Images)

 

 米男子ツアーのウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープンは5日、米アリゾナ州のTPCスコッツデール(7,261ヤード・パー71)で第2ラウンドが行われ、53歳のスティーブ・ストリッカー(米)は「66」で回り、通算11アンダー2位タイで決勝ラウンドを迎える。

 これまでツアーでは7人の選手が50歳以上での優勝を飾ってきたが、もしストリッカーが今大会で優勝すれば、サム・スニードの持つ最年長記録(52歳10か月8日)を抜く事になる。

「他の選手と同じようにベストを尽くさなければならない。優勝経験があるから分かるが、優勝するのはただ事ではない」

 ストリッカーはシニアツアーとレギュラーツアーの両方に出場しているが、今年はライダーカップの米国選抜キャプテンを務めるため、出場権のあるレギュラーツアーの試合には積極的に出るようにしている。実際に生で見て、キャプテンピックの際に参考にするという。とはいえライダーカップはまだまだ先。今は残り36ホール、ストリッカーのプレーに注目だ。

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. 最年長優勝を目指すストリッカー「優勝するのはただ事ではない」
×