ツアーニュース

R.ストレブが連覇に挑戦 A.スコットは大会初出場

2021/11/17 12:35
R.ストレブが連覇に挑戦 A.スコットは大会初出場
大会3勝目を狙うロバート・ストレブ(写真:Getty Images)

 

 米男子ツアーの2021年最終戦、ザ・RSMクラシックは18日、米ジョージア州のシー・アイランド・リゾート シーサイドコース(7,005ヤード・パー70)、プランテーションコース(7,060ヤード・パー72)の2コースで開幕する。

 昨季大会はロバート・ストレブ(米)が優勝。2015年覇者のケビン・キスナー(米)をプレーオフで下し、2014年大会以来6年ぶりとなるツアー通算2勝目を手にした。今年は2人に加え、マッケンジー・ヒューズ(カナダ)、オースティン・クック(米)、チャールズ・ハウエルIII(米)、タイラー・ダンカン(米)らも歴代王者として参戦する。

 メジャーチャンピオンではアダム・スコット(豪)がシー・アイランドに初見参を果たすほか、ルイス・ウーストハウゼン(南ア)、ジェイソン・デイ(豪)、ジミー・ウォーカー(米)、ウェブ・シンプソン(米)、ジャスティン・ローズ(英)、グラエム・マクドウェル(北アイルランド)などが出場予定だ。

 このほか、前週のヒューストン・オープンで2位タイに入ったスコッティ・シェフラー(米)とケビン・ツウェイ(米)、マックス・ホーマ(米)、ハリス・イングリッシュ(米)、マット・クーチャー(米)がエントリー。また、昨季大会を首のケガで欠場したデービス・ラブIII(米)も2年ぶりにホストトーナメントに戻って来る。

 なお、日本の松山英樹は出場しない。

  1. my caddie
  2. ツアーニュース
  3. R.ストレブが連覇に挑戦 A.スコットは大会初出場
×