ギアカテゴリ
メーカー
  • ブランド
ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > my caddie ノート一覧 > my caddie ノート詳細

≪ 次の記事 | my caddie ノート一覧 | 前の記事 ≫

テーラーメイド秋の新製品試打ラウンド 注目はSIM GLOIREシリーズ2020.11.03
my caddie 編集部です。

先日、メディア向けのテーラーメイド新製品試打ラウンドに参加してきました。

試打させて頂いたのはSIM GLOIREシリーズ、P770、P77MC、P7MBアイアン、SIM UDI、SIM DHY、Spider FCGパターシリーズです。



SIM GLOIREドライバー



2018年に発売されたM GLOIREにイナーシャ ジェネレーター、スピードインジェクション、エアロダイナミクスシェイプなどSIMシリーズで培った最新技術を搭載したのがSIM GLOIREシリーズです。

SIM GLOIREドライバーはドローバイアスのイナーシャ ジェネレーターが搭載されているため、スライスに悩んでいる方や自然にドローを打ちたい方におすすめ。普段ならもっと右に行っている球でもフェアウェイやファーストカットに残ってくれる、そんな印象を抱きました。



フェースにはZATECという高い反発性能を持つ素材を使用。飛距離に悩んでいる方でも高反発ドライバーのような打感を得ることができます。

また、SIMドライバーではフェース下部に注入されていたスピードインジェクションがSIM GLOIREドライバーではクラウン裏の先端部分に注入されているため、芯を外れて下部に当たっても大きく飛距離ロスに繋がることはないと感じました。



グリップはバックラインつき。かなり強調されたバックラインなため、正しく握る時の目安になりました。



SIM GLOIREフェアウェイウッド&レスキュー





SIM GLOIREフェアウェイウッドは、高強度のC300マレージング鋼とフェアウェイウッド専用設計のツイストフェースによって飛距離も出つつ、真っすぐ進むのが特徴。また、ヘッド内部には40gのウェイトが配置されドローバイアスになっており、重心角はドライバーと同じです。

重心角が同じだと、例えばロングホールで1打目をドライバー、2打目をフェアウェイウッドで打つ時に最高。ドライバーの流れで打てるので、無理に捕まえようとせず、ドライバーと同じ感覚で振って行けば自然に捕まり距離も出るという印象でした。

SIM GLOIREドライバーを使うならばフェアウェイウッドは他のモデルではなく、SIM GLOIREフェアウェイウッドを選ぶことをおすすめします!





SIM GLOIREレスキューもドローバイアス設計で捕まりやすくなっています。地面との摩擦を軽減するソールデザインになっているためラフからでも抜けてくれました。

また、フェアウェイウッドよりも高く上がり、グリーンをピンポイントに狙って行くにはフェアウェイウッドとアイアンの間であるこのレスキューがおすすめですね。


SIM GLOIREアイアン



SIM GLOIREアイアンはシャローヘッド、ワイドソールに加え、ヘッド内部に49gのタングステンウェイトを搭載し、テーラーメイド史上最も重心の低いアイアンに。また、ヒールとトゥにはスピードブリッジHTを採用。ボールへの伝達効率を上げ、スイートエリアが拡大しています。

高い球が出るのはもちろんですが、番手が1〜2くらいは確実に変わる飛距離が魅力的でした。ロフトは7番アイアンで27度とストロングロフトではありますが、スッと構えることができます。分厚くていかにも飛びアイアンの印象は受けませんでした。



中でも使いやすかったのがサンドウェッジ(54度)。フェアウェイ、ラフ、バンカーとどこからでも気軽に打てるようなイメージでした。サンドウェッジは単品で購入できるので、1回バッグに入れてみることをおすすめします。それくらい操作しやすかったです。


Pシリーズアイアン



P770P790の後継モデル。P790と比べるとトップラインが薄く、オフセットが少なく、ブレードの長さが短くなっています。また、ヘッド内部(6番と7番のみ)の最大46.5gのタングステンウェイトにより重心が低くなっているので打ちやすいです。

初級から中級レベルになった方や、打ちやすくて格好いいセミキャビティが好みの方にP770はおすすめですね。



P770ではもの足りない方や、上級者の方にはP7MCをおすすめします。

ダスティン・ジョンソンの意見を取り入れたP7MCのMCはマッスルキャビティという意味。マッスルアイアンでありながらキャビディのやさしさが少し混ざった感じです。

しっかり当たると気持ちよく、しっかり当たらなくても完全なマッスルバックではないので、そこまで怪我をする印象は受けませんでした。



7MBはこだわりの強い方やかなりの上級者向けのアイアン。プロではローリー・マキロイが使用しています。

MBはマッスルバックのMB。P7MCとは違いキャビティのやさしさはないので、ミスヒットに強いとは言えません。ただ、ボールを曲げるなどのコントロール性やラフからの切れ味は抜群。マキロイのレベルなら自由自在なんだろうなぁと試打していて思いました…。


SIM DHY&UDI





SIM DHYはあらゆる条件に対応できるように設計されたワイドソールで多様性が高く、SIM UDIは薄いトップラインや抜けの良いソールにより操作性が高くなっています。

イメージ的にはSIM DHYはハイブリッドアイアン、SIM UDIはドライビングアイアン。これは好みだと思います。ウッドやユーティリティ系が得意や好きな方はSIM DHY、アイアンでプレーを組み立てる方はSIM UDIが合うかなと思いました。

また、どちらも真上に高く上がるという印象ではなく、下から強く上昇するイメージでした。風が強い日に大活躍しそうな感じです。


Spider FCGパター





Spider FCGパターはブレードとマレットが融合したパターです。一般的なマレットパターは重心が後ろ、ブレードパターは重心が前ですよね。

Spider FCGパターはフェース近くの前方に247gのウェイト、ヘッド後方に103gのウェイトが搭載されています。

ブレードでマレットのやさしさを感じたい、マレットでブレードの操作性を感じたい方におすすめの一本です。


まとめ

やはり注目はSIM GLOIREシリーズ。SIMシリーズを使用している方でも1回は試して頂きたいです。なぜなら、SIM GLOIREシリーズはGLOIREのやさしさとSIMの最新技術が融合したモデルだからです。

GLOIREシリーズは「シニア向け」「ヘッドスピードが速くないゴルファー向け」という印象があるかもしれません。しかし、決してそうではありません。特にSIM GLOIREシリーズは。

GLOIREシリーズはそもそも日本人向けのブランドなので本来ならばマッチするはず。先入観を捨てて試打して頂ければなと思います。

テーラーメイド試打会情報はこちら

≪ 次の記事 | my caddie ノート一覧 | 前の記事 ≫

コメント一覧 0件

最新のmy caddie ノート情報
本間ゴルフの未発表クラブ先行試打会が開催中 WOW!という驚きを感じよう
「NEW スリクソン Z-STAR」の2021年モデル 注目は◆ダイヤモンド?
「TRACKMAN RANGE」が東海・関西・九州エリアにオープン
プロギアの新サイエンスフィット日記が面白い! ほぼリアルドキュメントなブログ
あの山口裕子プロ&フジモンティが直接指導! 東京・三鷹にスタジオオープン!

ヤフーショッピング

楽天市場

dot あなたもクチコミ投稿してみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

クチコミが参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

一覧へ

Q&Aの回答が参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

Copyright © 2020 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop