i59 アイアン

ピンゴルフ iシリーズ i59 アイアン

ギア情報

  • メーカー
  • ブランド
  • 価格
    38,500円(1本)~
  • 公式サイト
  • スペック
    ヘッド素材:17-4ステンレススチール
    ロフト角(#7):34°
    ライ角(#7):62°
  • 商品登録日
    2021/07/21

クチコミの評価

  • クチコミ件数
    10件
  • ランキング
    206位/1447商品中
  • 累計の総合評価
    4.7
    • star7
      1件
    • star6
      1件
    • star5
      5件
    • star4
      2件
    • star3
      0件
    • star2
      0件
    • star1
      1件
  • カテゴリ別の評価
    • やさしさ
      3.5
    • 構えやすさ
      4.9
    • 操作性
      4.3
    • 打感
      3.6
    • 方向性
      4.3
    • コストパフォーマンス
      2.2
マイギアに登録
クチコミをする

i59 アイアンのクチコミ

1〜10件/10件
  • 2023/11/26(日)20:29
    5
    シャフト「N.S.PRO MODUS3 TOUR 115」、シャフト硬度「S」

    新古品で半額になっており、マークダウンより安い!とすぐ購入となりました。
    ミスへの寛容さは無いです。ある程度の腕前と昔ながらのロフトに対する飛距離の理解が必要です。
    打感は言うことなしです。
    操作性も最高です。ま〜あ〜いうこと聞いてくれるアイアンという印象ですね。
    シャフトはモーダスの115ですが、相性は最高です。振り抜き感が「スパッ」という感じなので、105よりもヘッドの重みを感じません。ここは、どちらを取るかという、プレーヤーにやるところでは無いかと感じます。
    マッスルほどの難しさは無いし、打感も操作性も問題なしです。あとは、ミスへの許容ですね。

  • 2023/10/15(日)12:04
    7
    ロフト角「34°」、シャフト「N.S.PRO 950GH neo」、シャフト硬度「S」

    ゴルフパートナーで実質B程度の美品を格安購入。新品だと1本4万弱なので新品に手を出すにはかなり勇気がいるクラブなのは間違い無いです。

    2ラウンドして
    39.39=78
    40.40=80
    と結果にコミットするクラブでした。

    スタンダードロフトゆえに飛ばない。
    それだけです。
    それ以外は何も言うことは無かったです。

    シングル目指す方、片手シングル目指す方であれば充分使いこなせると思います。
    i210使ってる方なら充分乗り換え可能では?

  • 2022/5/23(月)11:11
    5
    ロフト角「20°」、シャフト「リコイル110」、シャフト硬度「S」

    カーボンのシャフトがほしくてこのアイアンを海外のネットサイトにて購入しました。発売すぐに購入後すぐにラウンドすごくいい感じでした、構えた感じから顔が小さく集中できていいと思います、球の高さはカーボンのおかげでモーダス125からの乗り換えですが、相当高く上げることができます、飛距離性能は現状より約一番手程飛びます。最後に打感ですが、振りに行った時の打感がすごくいいです。普通に打った時は固く感じます、操作性能がよく、特にフェードが打ちやすいです。カーボンのおかげで体への負担もすくなくなり、より練習できるようになりました。

    過去のクチコミ
    1
    ロフト角「20°」、シャフト「リコイル110」、シャフト硬度「S」

    新製品なのと試打会にて打ってこれにしましたが、シャフトをカーボンにしてすこし楽に飛ばそうと思いましたが、なかなか難しくはじめのラウンドではいい感じでしたがそのうちあたらなくなりました、練習が足りないのか慣れなのか、アイアンが難しいのか、相当ダウンブローに打たないといい球でません、当たった時の感触は流石ブレードいい感じです音は少し高い乾いた音好みですが好きです、モット練習してこれが使いこなせるようになる

    2022/1/10(月)15:52
  • 2021/10/29(金)17:45
    5
    ロフト角「20°」、シャフト「N.S.PRO MODUS3 TOUR 115」、シャフト硬度「X」

    PXG0311Tからの移行です。
    今までのアイアンではスピンが少なく、飛び過ぎてしまうで、買い替えを検討していたところ、フィッティングで感触が良かったので買い換えました。
    最初はBLUEPRINTを考えていましたが、自分にはちょっとヘッドが小さ過ぎ、またライ角も2度までしか動かせなかったのもマイナス要因でした。(今回はプラス4度で注文)
    想像以上に飛ばず、振ったら振っただけスピンがかかる感じで、完全に使う人を選びます。
    構えやすさ、スピン量、ライ角調整の幅という点で自分には最適の選択だったと思いますけど、値段も値段なので購入の際には他社製品ともしっかり比較した方が良いと思います。

    あと、カスタムオーダーの注文でしたが、ライ角ロフト角が1度もずれてる番手もあって、この辺りはしっかり検品してもらいたいですね。
    シャフトはModus115Xを選択しましたが、今まで使用していたModus120Xとは、ほとんど違いは感じませんでした。多少軽く硬くなったかなという印象です。

  • 2021/10/5(火)23:45
    4
    ロフト角「20°」、シャフト「ダイナミックゴールド」、シャフト硬度「S200」

    打感が硬いとの評価が多いですが、確かにヘッドスピード不足だと硬く感じる。少し弾く感じはしますが嫌な感じはまったくありませんでした。

    ただ、ある程度ヘッドスピードがないと決してオススメしません。ドライバーヘッドスピードは最低43-44以上。

    簡単なアイアンではなく、飛ぶこともないのでマッスルバックを普通に使えるレベルの人向きかと思います。

    現在4-6はI59、7-Wはブループリントを使用してますが、I59はマッスルバックのロングアイアンより打ち易くて弾道が高く、ランディングアングルもかなりいい数値が取れるのでグリーンでのランは少ないかと思います。

    私はドライバーヘッドスピード47-48位ですが、トラックマンでの計測だと高弾道で吹き上がらないし飛びすぎない、非常にいいボールフライトデータが取れました。

  • 2021/10/5(火)15:48
    6
    ロフト角「20°」、シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR105」、シャフト硬度「S」

    3回目の感想です。
    書き忘れてましたが、Iブレードよりヘッドが効いています。
    ですから慣れが必要な練習が必要でした。
    あくまでも、私物の比較では、IブレードがD2。
    I 59がD3近くなりますのでふり心地が違うなと感じていました。
    今日ラウンドしてきましたが、慣れて来たのか
    Iブレードよりも、直進性が良く、コントロールもしやすい
    アイアンだと再認識しました。
    それによって打感も芯にヒットしているのか?非常に良いです。

    デザインは今日も同伴者から絶賛でした。

    過去のクチコミ
    6
    ロフト角「20°」、シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR105」、シャフト硬度「S」

    コースで実践をしてきました。
    あくまでも自己評価になりますか、このアイアンはコースで実力を発揮するかと感じました。正直、練習場では、構えやすさ・打感はIブレードの方が断然良い印象を持ち購入を失敗したかと感じました。
    本球でのラウンドでしたので、打感はマッスルとは違いますが柔らかい…何より方向性がブレードより安定している事。縦距離はミスヒットの場合は余り変わりませんが、横のズレはI200と同等かとかんじました。
    スピン・高さはブレードと遜色無いかと。飛距離はパワースペックにしているので参考になりませんが、5ヤード平均である事。
    何より引っかかってしまう傾向があるIブレードよりは安心して振れます。
    価格が高いですが購入して良かったと思います。
    ラウンドした同伴者からは、カッコいいと言われテンションが上がりました。

    2021/9/15(水)20:53
    過去のクチコミ
    4
    ロフト角「20°」、シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR105」、シャフト硬度「S」

    ピンのアイアンは今まで、アンサー・I200・S 55・Iブレードを使用しておりました。
    現在はIブレードのノーマルロフトにモーダス105Sです。
    I 59はパワースペックにしていますので、単純にIブレードと比較は
    出来ないですが、感想を書きます。
    練習場での感想のみですが、構えた感じはほとんど変わりません。
    長い番手は、I 59がネックストレートに感じるくらいです。
    打感は、硬い⁇と言うか不思議な感じです。
    ただし、芯でしっかり振ると問題ないです。S 55に似ているかな?
    方向性はIブレードより直進性はあり、意図しない曲がりは抑えられるかな。
    I200程は寛容性はありません。
    距離とスピンはコースで打ってみないとわかりません。
    高さはIブレードが出ます。
    コースに出たらまた感想を書きたいと思います。

    2021/9/12(日)16:15
  • 2021/9/30(木)10:28
    4
    ロフト角「20°」、シャフト「N.S.PRO MODUS3 TOUR 115」、シャフト硬度「S」

    先のコメントで書き忘れたことが1つありました。別のグリップを選択しなければ、arrcosセンサー付きの純正グリップになることも首を傾げたくなることのひとつです。

    逐一、ショットデータを記録する必要を感じていない人や、すでにガーミンウォッチなどでスマホに同期させて記録するようにしている人にとっては不要のものです。これを外してもっと価格をさげてほしいと思うことが1点。

    もうひとつは、あのセンサーの電池寿命は5年と言われているのですが、その間、グリップ交換は1回や2回はするので、簡単に取り付けられるにしても面倒(特にグリップエンドがフラットではないタイプはしっくりこない)、5年経ったら新たにセンサーを購入というのもどうかと思う。

    結局、標準装備は普通のグリップで、arrcoss付きも選択可くらいにしておいたほうが、ニーズの無い人にとっては購入意欲を減退させる要素のひとつになると思う。

    過去のクチコミ
    4
    ロフト角「20°」、シャフト「N.S.PRO MODUS3 TOUR 115」、シャフト硬度「S」

    かつてiブレードを使っていました。後継モデルとして試打しましたが、ほぼ同時期に、T100Sも試打したので、それとの比較を書きます。シャフトはモーダス115で同じです。

    ●飛距離
    i59は7iで34°、T100Sは32°。はっきり言ってT100Sのほうが10ヤード近く飛びました。

    ●弾道
    ロフト角の差があるにもかかわらず、ともに高弾道でした。

    ●打感
    好みの問題かも知れませんが、i59 のほうが乾いた「カシャッ」といったニュアンスがあります。弾く感じではありません。T100Sの打感は、柔らかいけど淡白な感じで、軟鉄鍛造に近づけようという意図はあるけど、やはり違う。

    ●操作性
    腕の問題はあるけど、T100Sのほうがはるかにインテンショナルショットを打ちやすかったです。

    ●外観
    i59 のほうが美しいです。軟鉄鍛造モデルを加えても秀逸。

    ●コストパフォーマンス
    i59 はやはり割高ですね。確かにiブレードの打感より良いのですけど、性能でiブレードを超えたとは思えません。T100Sについては、6i〜Pのセット価格で一見安価に感じますが、5iとロフト角48°のWは別売で、私としては別売りのクラブも必要。そうなると、i59 より安価だけど、他ブランドに比べて割安とは言えません。

    結局、私はT100Sを購入しました。別売りの5iとWも同時購入しました。

    2021/9/29(水)11:47
  • 2021/9/4(土)01:18
    5
    ロフト角「20°」、シャフト「N.S. PRO 850GH neo」、シャフト硬度「S」

    ピンのクラブはラプチャーやG10時代からずっと使っている
    S57は初心者時代お世話になったクラブ。

    さて今回S57アイアンから連綿と続く血統の最新版i59を試打できた。
    構えやすさ、球の操作性に関しては文句なしの一級品だと思う。
    狙ったところにストレート、ドロー、フックの3種類で打ち分けることができた。

    打感はまずまずで、値段を考えると首を傾げるものかもしれない。
    正直i210の打感から比べると好みの問題かもしれないが私は210の方がずっといいと思った。
    ヘッドはとにかく素直で寛容性もある程度あると思う。シャフトも選ばない、ニュートラルなヘッド。

    コストパフォーマンスに関して最低評価とした。自分なら三浦技研のアイアンのヘッドを購入して信頼する工房で完璧に組んでもらう。あえてこのクラブにする理由がないと思う。そもそもPINGが高額クラブを出すのは非常に違和感がある。

    今ではメジャーな存在だが10年前は知る人ぞ知るクラブだったし、コスパも良かった。
    それでもアメリカのブランドとは思えないほどに実直にクラブを組んでくるし、アフターフォローも万全だった。
    元々のPINGの特色が失われていくような気がした。昔愛用していたS57アイアンを思い出しながら、目の前の超高額クラブに目を落とすと、高揚感は霧散した。

  • 2021/9/3(金)16:24
    1
    ロフト角「20°」、シャフト「N.S.PRO 950GH neo」、シャフト硬度「S」

    アイブレードを長く使用していましたので、それとの比較。まず、顔はシャープになりました。構え易いです。ただ、打感が硬い!!これはちょっと最近では無かった程に硬い。次に、高い!!1本4万円近いので4番から揃えると20万コース。ハッキリ言って、そのお金出すならEPONが買えるので、余程のPING信者以外、買う要素が見当たらないです。飛距離もロフトどおりですし、これを買うならアイブレードのパワースペックの方が打感も柔らかく飛距離も出て安いので有りです。それにしても、海外の人は打感は気にしない人が多いみたいですが、日本人には受け入れ難いものがあります。高額、打感硬い、特に飛ばない、スピン量は普通、で買う理由があるとすればプロパーカラーになったモーダス115が選べるくらい?

  • 2021/9/3(金)11:55
    5
    ロフト角「20°」、シャフト「N.S.PRO MODUS3 TOUR 115」、シャフト硬度「S」

    全番手、試打しました。
    S59からのPINGユーザーです。
    S55から中々変える事が出来ず様々なPINGのアイアンを使用してきました。
    形状は前作のIブレードより小振りに見えてSシリーズの形状に近いのかと思います。
    打感は今までの物より構造の違いからか、硬質に感じます。
    ですが、下の番手は硬質なのですが、番手を上げていくと中空感が感じられ寛容性が感じられます。
    ミスヒットすると残響感があり分かりやすいですが飛距離の落ち込みはそれほど無いように思われます。
    インテンショナルに曲げようとして中々曲げれない印象でした。
    溝が多くなっている為、スピンが良く掛かりますが、詰まりやすいかったです。
    中、上級者にはかなりの武器にはなると思います。

    不満な点はやはり値段でしょうか。
    この値段だと他社の同等品を検討するのではないかと思います。
    アーコスのグリップをオプション扱いにして値段を下げるなどの努力は必要なのかと思います。

    長年PINGを使っているユーザーからすると完全一流メーカーとなり創業者の理念からかけ離れてきているのかと思います。

    この構造でI210の後継アイアンがでるとなると値段がどうなるか非常に興味があります。

    長々と書きましたが、私はPINGが好きですし物は良いです。
    試打する価値は十分にあると思います。

1〜10件/10件
×