トゥルーテンパー//プロジェクトX PXi(アイアンシャフト)のクチコミ評価

トゥルーテンパー  プロジェクトX PXi(アイアンシャフト)
  • トゥルーテンパー  プロジェクトX PXi(アイアンシャフト)

ギア情報

クチコミの評価

  • クチコミ件数
    5件
  • ランキング
    206位/2031商品中
  • 累計の総合評価
    4.8
    • star7
      1件
    • star6
      0件
    • star5
      3件
    • star4
      0件
    • star3
      0件
    • star2
      1件
    • star1
      0件
  • カテゴリ別の評価
    • 飛距離
      4.2
    • 方向安定性
      4.0
    • 操作性
      3.6
    • フィーリング
      4.0
マイギアに登録
クチコミをする

プロジェクトX PXi(アイアンシャフト)の最新クチコミ

  • 2016/7/27(水)05:23
    5
    シャフト硬度「6.0」

    タイトリスト915hd #4をリシャフト。最初の印象は、グリップが細く柔らかく感じ、打球の方向や強さがバラバラでリシャフト失敗...かと思いました。試しにグリップのテープを2重巻きにしたところ、見事に化けてくれました。714AP2 PJX6.0の#4より緊張感もなく楽に振れる。方向も安定して距離も伸び、ミスも減りました。ロングアイアンもpxiにリシャフトしようか悩んでます。

  • 2016/4/28(木)12:09
    5
    シャフト硬度「5.5」

    購入後数ラウンドしたので改めて感想を。
    ミズノMP55にフィッティングの結果入れています。
    この前に使っていたモーダス120(+インプレス2013谷口キャビティ)と比較して、振った時に振ったなり前へ進む推進力に変わっているようで、飛距離が少し伸びました。元々球が吹き上がり気味だった私には、このシャフトはあっているようで、縦距離が是正されて番手なりの距離が、無理せず打てるようになりました。(軽くなったせいもあると思いますが)
    ウエッジはDG(S200)のままなので、シャフトの反応的には振ると前に進むpxi、ドローンと重さで髣髴線を描くDGという感じでちょっと感覚が違うけれど、ウエッジはフルショットをあまりしないクラブなので、これはこれでありかなと思っています。(とは言え、このシャフトの流れで入れるとよいよと言うウエッジのシャフトがあれば試したいですが)
    基本に忠実にしっかり打ち込んでゆけば、手元がしっかり撓ってボールを上手く拾ってくれて、個人的にはすごく楽にゴルフが出来ています。

    過去のクチコミ
    6
    シャフト硬度「5.5」

    ミズノでフィッティングをした時の推奨シャフト。(ヘッドはMP55)
    直前はヤマハ(2013谷口キャビティ)インプレスにモーダス120Sの組み合わせ。
    スイング分析の結果インパクト時の前反り角が通常よりかなり大きく、飛距離をロスしていそうな事がわかったためか、このシャフトが最終的に結果が良くて購入。
    インパクトの時にシャフトが最後に押し込んでくれているせいか、今までよりも棒球系になりあまりめくれずに前に進む球に変化していて、飛距離が少しだけ伸びている感じ。
    モーダスやDGに比較すると、まったりというよりはぱきっとした軽快な印象を受ける打感だけれど、けして捕まらないというわけでもなく無理に撓らせに行かなくても、軽快に撓って球を捉えてくれる印象。
    見た目がステップが無くて、つや消しのシルバーと、ちょっとカーボン風に見えてしまう事も、もしかするとこの軽快感につながっている要素かもしれない。

    ふけ気味の球質から、前に押し出して行ってくれるような球質に変わったところが狙い通りで、使い勝手のよさそうなアイアンに仕上がったと思っています。

    2016/4/11(月)12:43
  • 2015/3/1(日)22:19
    2
    シャフト硬度「SX」

    Project-X 5.5を使用していますが、試しに買ってみました。
    メーカーのサイトで振動数が柔らかいとなってたのでとりあえず6.0にしました。
     ⇒http://www.truetemper.co.jp/data/index.html
    このシャフトはProject-Xの名前が付いてはいますが、従来のProject-Xとは全く別物です。
    データの通りですが、比較すると重くてしなります。
    Project-Xのキレの鋭さに慣れてる人には全く合わないと思います。ご注意を。
    切り替えしの時にしなりによる重さとタイミングの遅れを感じます。

  • 2014/7/12(土)06:39
    7
    シャフト硬度「S」

    MP-4をDGS200からリシャフトしました。
    現代的な重心低めのアイアンにはこちらの方が合うのではと考えリシャフト敢行です。
    こちらの方が、軽くて節が無い分動きが抑えられている様に感じます。打球はフェードに近いストレートが出やすくDGと比べドロー系は出にくい印象です。
    打ち込んで急激にフェースを返す打ち方よりは、フラットに緩やかにフェースターンさせる打ち方に向いている様です。
    慣れてくると、DGよりはリラックスして振ることができます。
    やはりDG系とPJX系は別物ですね、慣れてしまうとDGには戻れない印象です。

  • 2013/12/23(月)21:17
    5
    シャフト硬度「X」

    VR PRO ブレード 2IをDG X-100からプロジェクトX PXi 6.5へリシャフトしました。

    DG X-100 と比べると結構柔らかくかなり撓りを感じます。DGはヘッドスピードを上げてもそれがスピンに変換されてあまり飛距離は伸びませんが、このシャフトは振った分はしっかり飛びます。DGは吹け球系、このシャフトは棒球系というイメージです。

    アイアンのスピンを減らしたい人、またDGだと重すぎるNSだと頼りないと感じてる人にちょうどいいシャフトだと思います。
    ロングアイアンだけ変えてみるのもおもしろいかも?

すべてのクチコミを見る (5件) クチコミをする
  1. my caddie
  2. シャフト
  3. プロジェクトX PXi(アイアンシャフト)
×