my caddieノート

ゴルフ場で好印象!正しい服装ルールと選び方のコツ

更新日:2024/05/31 18:42
ゴルフ場で好印象!正しい服装ルールと選び方のコツ
タイガー・ウッズ(写真:Getty Images)

 

ゴルフは他のスポーツとは異なり、ゴルフ場によってはドレスコードがあったりと服装にうるさいところがあります。

ゴルフに不適切な服装だと冷ややか目で見られることもあるため、ゴルフの服装ルールやマナーなどを知る必要があります。

この記事ではそもそもなぜゴルフの服装にうるさいかや、服装のルールなどを紹介します。

ゴルフの服装はなぜ大事?

そもそも、なぜゴルフの服装がそんなにもマナーにうるさいのでしょうか。

ゴルフはスコットランド(オランダ、フランス説もあり)で生まれたと言われており、ゴルフコースは貴族の社交場という感じでした。

そのためゴルフの服装は、大昔の写真を見ると男性はハンチング帽をかぶってスーツを着ています。もちろん振る舞いも貴族らしくしないとダメだったのです。

その名残が今でも残っているので、紳士のスポーツと呼ばれたり、ゴルフ場によってはドレスコードがあったりするのです。

ゴルフに適していない服装だと、冷ややかな目で見られることもあるため、ちゃんとしたゴルフの服装を知る必要があります。

ゴルフの基本的な服装ルールとは?

ゴルフウェアのコーディネートには、一定のルールが存在します。これらのルールを理解し、適切な服装でコースに出ることが、ゴルフのマナーの基本です。

男性

必ず首元に襟があるシャツを着ましょう。Tシャツは避けて、ポロシャツやジャケットなどのトップスはシンプルなデザインが好まれます。

また、パンツはデニムは不適切とされており、チノパンやスラックスが好まれます。靴はスニーカーや革靴ではなく、専用のゴルフシューズを履きましょう。

女性

首に襟のあるシャツを着用し、パンツやスカートの丈に注意です。

短すぎるスカートはマナー違反となるため、膝下程度の丈が理想です。また、靴についても、パンプスやハイヒールは避けて、ゴルフシューズを選ぶようにしましょう。

いずれも、派手な柄やデザインは避けるのが無難であり、さりげないアイテムや小物でファッションを楽しむことがおすすめです。また、季節や天候に応じて服装を変えることも忘れずに。

ゴルフ場への行き帰りの服装

ゴルフ場への行き帰りでは、ラフな服装やカジュアルなウェアでもOKですが、基本的なマナーは守りましょう。

男性

行きはラウンド中に着用するポロシャツやスラックスを着用して、ジャケットを羽織っていれば問題ありません。

帰りはラウンド中の格好で帰ってもいいですし、ラフな格好に着替えてもOKです。しかし、デニムとTシャツのみは避けましょう。デニムとTシャツを帰りに着用したければジャケットを着ましょう。

また、シューズはゴルフシューズでなくても、スニーカーや革靴で大丈夫です。

女性

男性と同様にラフなラウンド中の格好やラフな格好で問題ないですが、露出が過剰な服装やヒールの高い靴は避けるようにしましょう。

TPOに合わせた服装でゴルフをもっと楽しむ

ゴルフをもっと楽しむためには、TPOを考えた服装にする必要があります。

気温に合わせた季節ごとのゴルフの服装

春や秋は気温差が大きいため、重ね着コーデがおすすめです。暖かい時間帯は長袖か半袖でポロシャツ1枚でOKですが、寒くなってきたらセーターやパーカーを羽織りましょう。

夏場は涼しくて通気性の良いポロシャツのほか、日焼け対策のためにキャップやサングラスも必要です。パンツはゴルフ場が許すのであれば短パン(+短い靴下)がおすすめです。

冬場は機能性が高い中綿の入ったパンツ、タートルネックシャツ、セーターなどを着用し、寒さや風をしのいでプレーしましょう。また、プレーしていない時に着用するダウンジャケットが1枚あると良いでしょう。

ゴルフ場のクラブハウス内での服装

ゴルフ場のクラブハウスに長居しないのであれば(行き帰りの使用だけ)、男女ともに服装はこれまでに説明した格好で問題ないです。

しかし、コンペのパーティーがあるなどクラブハウス内に長く滞在するのであれば、シューズはゴルフシューズ以外、男性ならジャケットを羽織り、女性なら長めのスカートなど派手過ぎない格好をすると良いでしょう。

ゴルフ練習場での服装は?

打ちっぱなしでの服装マナーは特にありません。ラウンドをするようなファッションでも良いですし、上下ジャージ、デニムを履いても基本的には問題ないです。

しかし、シューズはゴルフシューズを履きましょう。スニーカーやサンダルを履いて打っている人を見かけますが、練習を重ねると靴の裏などがすり減ってくるため、ゴルフシューズを履いた方が良いですし、スイングもしっかりできます。

ゴルフの服装はどこで買えばいい?

ゴルフの服装はオンラインショップ、百貨店やゴルフショップなどで購入できますが、比較的高価なものが多いです。なので、ユニクロなどのファストファッション店で買うことをおすすめします。

マスターズチャンピオン、元世界ランク1位のアダム・スコット選手はユニクロと契約しており、ユニクロのシャツ、パンツなどを着用しているので、一般男性ゴルファーはスコット選手の真似をすればOKです。

一般女性ゴルファーもユニクロ、無印良品などで購入できるアイテムを活用できます。ただし、女性用のゴルフアイテムは日常使いができるものも多いため、最初からゴルフショップなどで購入しても良いでしょう。

まとめ

一見、難しそうに思えるゴルフの服装ですが、この記事で説明したいくつかのポイントを押さえれば問題なく快適にプレーできます。ゴルフ場で恥をかかないよう、適切な服装でゴルフを楽しみましょう!

  1. my caddie
  2. my caddieノート
  3. ゴルフ場で好印象!正しい服装ルールと選び方のコツ
×