ダンロップ/ゼクシオ 9/ゼクシオ ナイン ドライバー Kaula Modelのクチコミ評価

ダンロップ ゼクシオ 9 ゼクシオ ナイン ドライバー Kaula Model
  • ダンロップ ゼクシオ 9 ゼクシオ ナイン ドライバー Kaula Model

ギア情報

  • メーカー
  • ブランド
  • 価格
    95,040円
  • 公式サイト
  • スペック
    ヘッド体積:460cc
    クラブ重量:305g(MIZU 5 S)
    ロフト角:8.5、9.5、10.5°
    クラブ長さ:45.5インチ
    ※数量限定
  • 商品発売日
    2016年12月10日

クチコミの評価

  • クチコミ件数
    4件
  • ランキング
    570位/1549商品中
  • 累計の総合評価
    5.3
    • star7
      1件
    • star6
      0件
    • star5
      2件
    • star4
      1件
    • star3
      0件
    • star2
      0件
    • star1
      0件
  • カテゴリ別の評価
    • 飛距離
      4.8
    • やさしさ
      4.8
    • コストパフォーマンス
      4.5
    • 打感
      3.8
    • 方向性
      4.8
    • 構えやすさ
      4.0
マイギアに登録
クチコミをする

ゼクシオ ナイン ドライバー Kaula Modelの最新クチコミ

  • 2019/5/28(火)07:04
    7
    ロフト角「9.5°」、シャフト「Miyazaki Kaula MIZU5」、シャフト硬度「S」

    コースと練習場で再度打ち方を若干縦振りにして方向性を出し、フェード系で使用しました。これにより球の高さと方向性が良くなりました。さらに思ったよりも飛ぶことが実感出来ました。これからはこのクラブをエースで使おうと思います。また、ゼグシオサウンドもするようになりました。

    過去のクチコミ
    5
    ロフト角「9.5°」、シャフト「Miyazaki Kaula MIZU5」、シャフト硬度「S」

    最初のうちは球が上がりにくいと感じました。慣れてきて少し強振してからは中〜高弾道になりました。
    打球音がゼクシオ独特の澄んだ金属音はあまりしません。個体差?ボール?
    以前、黒いミヤザキシャフトを試打した時は楽に高さが出てと方向性が良かった記憶があり、シャフトの違いを感じました。

    2019/1/19(土)12:09
  • 2019/5/22(水)23:51
    4
    ロフト角「10.5°」、シャフト「Miyazaki Kaula MIZU5」、シャフト硬度「S」

    上司が買い換え、下取り価格端数カットで手に入れました。
    天邪鬼なので、沢山売れてるクラブは買った事が無かったのですが(同じクラブだと技量の差がハッキリ分かり悲しいので)

    でも、売れてるブランドは
    やはり良い商品なんだとハッキリ分かりました。

    一発の飛距離もですが
    平均飛距離が10y以上伸びました
    方向性とてもGOODです。

    使い始めてからOBがほぼなくなりました

    2オン狙いのOBが増えてしまいましたが

  • 2018/2/13(火)11:14
    5
    ロフト角「10.5°」、シャフト「Miyazaki Kaula MIZU5」、シャフト硬度「S」

    五十肩になり、思い通りにフォロースルーがとれなくなって、今まで得意だったドライバーが不調になりました。肩が回らないので、とにかく球が上がらなくなり、球の上がりやすい簡単なドライバーを探していたところ、ゼクシオ10発売でマークダウンされていた本品を試打して購入を決めました。
    ゼクシオのノーマルシャフトは軽すぎて、スイングがおかしくなりそうだったけど、このミヤザキのシャフトは私のスイングにドンピシャではまりました。
    とにかく方向性が良くて、かつ振りやすく、かつ軽く振ってもそこそこ飛距離が出るので、ゴルフが楽になりました。
    ゼクシオが日本で一番売れる理由がわかった気がします。ゴルフはドライバーで飛距離をだすよりも、フェアーウェイキープして、セカンドでパーオンまたはグリーン手前花道狙いでパーを狙っていけば、いいスコアが出るということを再認識しました。
    今までB社のドライバーを買い替えてきたけど、これからはゼクシオやなあ、という感じです。
    ドライバーはシャフトでこんなに変わり、ゼクシオはお爺のクラブという今までの認識を覆させられました。

  • 2016/12/25(日)16:06
    5
    ロフト角「10.5°」、シャフト「Miyazaki Kaula MIZU5」、シャフト硬度「S」

    ゼクシオ9のヘッドにMiyazaki Kaula MIZU
    一言で言うと鬼に金棒ではないでしょうか。
    購入のきっかけとなったのは色々なクラブを試打したときに、この組み合わせが方向性がまっすぐで一番飛距離が出たからです。
    最初はスリクソンのZドライバーシリーズを購入したいと思い、スリクソンのZ565やZ765も試打しましたがアスリート向けのモデルゆえ、如何せん私の力不足(ヘッドスピード39m/s〜43m/s)のため全然飛ばず、方向性も大方右に出てました。このときバックスピン量が1500〜1800回転/mぐらい。
    そこでゼクシオ9のヘッドに変えてみると低重心かつ深重心の恩恵でバックスピンが2300回転/mまで上昇し、さらに方向性もヘッドが開きにくい構造のためまっすぐに!
    今のスイング軌道ではMIZU5のSRがピッタリと言われましたが、今後の自分の成長性を信じてMIZU6のSにしました。
    ゼクシオ9の完成されたヘッドに日本人に馴染むMiyazaki Kaulaは、初級者から中級者まで扱いやすい素晴らしいクラブ組み合わせだと思います。

すべてのクチコミを見る (4件) クチコミをする
  1. my caddie
  2. ドライバー
  3. ダンロップ(dunlop)
  4. ゼクシオ 9
  5. ダンロップ/ゼクシオ 9/ゼクシオ ナイン ドライバー Kaula Modelの口コミ評価
×