リーダーボード

グライド 2.0 ウェッジ

ピンゴルフ GLIDE グライド 2.0 ウェッジ
  • ピンゴルフ GLIDE グライド 2.0 ウェッジ

ギア情報

  • メーカー
  • ブランド
  • 価格
    21,600円
  • 公式サイト
  • スペック
    ロフト角(バウンス角):
    46SS(12)、50SS(12)、
    52SS(12)、54SS(12)、
    56SS(12)、58SS(10)、
    60SS(10)、
    54ES(8)、56ES(8)、
    58ES(8)、60ES(8)、
    56WS(14)、58WS(14)、
    60WS(14)、
    58TS(6)、60TS(6)

    SS=スタンダードソール
    ES=EYEソール
    WS=ワイドソール
    TS=シンソール
    ヘッド素材:431ステンレススチール
  • 商品発売日
    2017年3月3日

クチコミの評価

  • クチコミ件数
    13件
  • ランキング
    44位/672商品中
  • 累計の総合評価
    6.5
    • star7
      9件
    • star6
      2件
    • star5
      1件
    • star4
      1件
    • star3
      0件
    • star2
      0件
    • star1
      0件
  • カテゴリ別の評価
    • やさしさ
      5.0
    • 構えやすさ
      4.9
    • 操作性
      4.9
    • 打感
      4.5
    • スピン性能
      4.8
マイギアに登録
クチコミをする

グライド 2.0 ウェッジのクチコミ

1〜13件/13件
  • 2023/9/14(木)11:18
    7
    ロフト角「50°」、シャフト「モーダス120」、シャフト硬度「S」

    PWの下は色々試しても結局これが一番イメージ通りの球がでるので、手放さずに使い続けています。
    あまり曲げて打つ方でないので操作性については?ですが、構えてイメージ通りの方向にとにかく距離含めて安定して飛んでくれます。100Y~90Yはおかげで自信もって打てています。
    ロフト変わるとどうか?ですが、他の単品ウェッジよりもやや大きめで芯も広め、それでいて構えやすい。

  • 2022/3/30(水)18:46
    7
    ロフト角「56°」、シャフト「モーダス120」、シャフト硬度「S」

    ES56°の評価です。
    中古の状態が良いものを購入。
    主にサンドウェッジとして使用しています。フェアウェイからのフルショットで大体80&〜90ヤード。スピンが良くかかるのでランは1&〜2ヤード程です。
    ESソールのおかげか柔らかいの砂や深いラフからの抜けも良く安定したショットを簡単に打てます。個人的にはGLIDE3.0よりオススメです。4.0はまだ試打できてないので比較できません。
    打感はお世辞にも良いとは言えません。
    硬めの砂だとザックリしやすい気もしますが、私の技術の問題と思います。
    中古でお買い求めやすい物も多いウェッジなので、決まったウェッジが無い方は一度購入してみてもいいと思います。

  • 2021/10/23(土)21:04
    7
    ロフト角「56°」、シャフト「KBS TOUR120」、シャフト硬度「S」

    52度(SS) 56度(SS) 60度(ES)の3本所有してます。
    i200からの流れもよくて非常に打ちやすく、コントロールしやすいウェッジです。
    60度のESはバンカー専用で普通に打ったら簡単に出て寄っていきます。
    きれいに入ったらピタッと止まりますし、スピン性能も申し分ないです。
    大切な相棒たちです!

  • 2020/4/4(土)20:24
    7
    ロフト角「45°」、シャフト「AWT2.0WEDGE」、シャフト硬度「WEDGE」

    i210アイアンと合わせて購入しました。なので、見た目だけでなく性能面においても繋がりはこれ以上はないというくらいに最高です!
    ただし、おすすめ度7点には条件が一つ。
    標準のダイラグリップは右手部分も太いため、46°や52°でフルショットした時に手首を返しにくいため右手への負担が大きくなり、右手首を少し痛めてしまいました(58°はフルショットしないので問題なしです)。
    グリップは早々にゴルフプライドのVDラバーに交換。i210アイアンの標準グリップと同くグリップエンドが青になり、さらに見た目のつながりが良くなりました。
    ニューモデルも発売しているので、今お安くなっていてお値段でも大変オススメです!(グリップ以外は・・・)

  • 2020/1/27(月)13:31
    7
    ロフト角「54°」、シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR105」、シャフト硬度「S」

    eye2 XGを使用していましたがDGS300が合わなくなって今回ウェッジ交換となりました。
    eye2 XGより打感は柔らかく、形状も違和感なく、結果替えて良かったと思います。
    球も良く上がりますし、スピンもギュッと掛かりグリーン周りは気がラクにラウンドできています。
    後継モデルも気になりますが、現状私にはコレで充分です。

  • 2018/11/24(土)00:01
    7
    ロフト角「54°」、シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR105」、シャフト硬度「S」

    ES(EYEソール)の54度をAW代わりに使っています。
    元々EYE2のウエッジを使っていたので、このESソールのこのウエッジのフォルムは絶妙且つ最高です。
    また、アプローチで使うとラフでもフェアウェーでもバンカーでもどこでも違和感なく使えるので手放せない存在になっています。

  • 2018/8/24(金)06:23
    6
    ロフト角「60°」、シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR105」、シャフト硬度「S」

    アイソールを試したくてESにしてみました。
    GLIDEの50°と56°に追加する為の60°をブラウンドットで入手。
    2.0になってESのバウンスが8°となって不安な感じもありましたがLWという事でだめならしょうがないかなぁ。。。ぐらいの感じでした。
    そのバウンスですが。。。練習場ではバウンスがあるような感覚で上手く打ててる気がしません。
    そこはPINGなので現場力に期待という事で。。。ラウンドで使ってみました。
    練習場では不安なバウンスもアイソールのお陰か扱いやすいの一言。
    アプローチは上手くありませんが。。。バンカー越えのアプローチも簡単でした。
    アイソールのお陰でフェイスを開かなくてボールは上がるし。。抜けが良いです。
    ソールが上手く機能しているみたいで芝の薄いところでも簡単にボールが拾えました。
    バンカーは1回しかありませんでしがフェイスを開かなくても楽々出せてそこそこの位置に落す事が出来満足でした。
    帰りにバンカー練習場で打ってみましたがボールの後ろに落とすだけで楽に上がって打ちやすいです。
    気に入ったのでSWの56°SSも変更したいと気がしています。

  • 2018/3/28(水)01:13
    7
    ロフト角「54°」、シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR105」、シャフト硬度「R」

    ESです。ネック周りの形状が独特なので好みが分かれると思いますが私は大好きです。開きやすいので球を上げやすいですし捕まりも良いですし右目にも置きやすいしまさにパーフェクトです。打感も軟鉄と遜色無いです。バンスは8度とありますがもっとある感じで丁度良いです。若干ハーフキャビティぽい形状のせいか芯も広く感じ寛容性もあります。もう他のウェッジには戻れない位です。まだバンカーでは打ってないのでその辺は不明ですが様子を見ながら必要であれば58度も買おうかなと思っています。

  • 2018/2/7(水)16:42
    7
    ロフト角「56°」、シャフト「AWT 2.0 WEDGE」、シャフト硬度「S」

    いつのころからかバンカーが苦手になりSWで四苦八苦。打ち方も教えて頂くも改善されずでした。所属コースの砂が変更になり多く柔らかくなったのでワイドソールのWSを試したところ、なんと簡単に脱出できます。ワイドソールの上バウンスが14°と大き目なので弾かれるかと思いましたがソール形状が考えれているのか多少手前から入っても結果良好です。ワンピン以内に付けるなどの腕は持ち合わせていませんがこんなに楽に脱出できるとは驚きです。アプローチではスピン性能が抜群で最初はスピンでショートしたほどでした。慣れればピンを攻め易く武器になります。デザインもシンプルでまったく普通の感じですが侮れない性能のウェッジです。

  • 2017/12/8(金)23:29
    5
    ロフト角「45°」、シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR105」、シャフト硬度「X」

    GLIDEの54SSと58WSを使用してましたが、58WSは芝上からでは刃で打ってしまう恐怖心があり、アプローチは専ら54SS、58WSはバンカー専用となってしまっていました。

    ならば1本にまとめてしまおう!と思い立ち、56ESをアイアンと同じシャフトにて購入してみました。

    未だ練習場でのマット上からとバンカー練習のみでの感想です。
    ESの独特なヘッド形状はアドレスで違和感あるかなと少し心配してましたが、違和感は全くなし。むしろ構え易いと感じました。i200のUw(50°)からの顔の繋がりがとても良いです。気に入りました。

    特筆すべきはやはりバンカーでの性能。砂の抵抗を少なくするというネック形状、確かに抜けが良いです。距離感は別にして出すだけならスコンスコン出せました。バンカー練習が楽しい!この冬はこのクラブでのバンカーからの距離感を掴む練習に励みたいと思います。

    本番で使用してないので評価は暫定で★5としますが、数ラウンドした後に再度口コミ投稿したいと思います。

  • 2017/9/22(金)12:46
    7
    ロフト角「58°」、シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR105」、シャフト硬度「S」

    10年以上、Ping eye2 XGを使ってきました。SW 56度を54度に、LW 60度を58度に調整して満足していました。バンカー恐怖症から巧者になったぐらいです。また、ステンレスですから、溝も減らず替える理由が無かったぐらいです。
    今回、アイアンをG400 MODUS3 TOUR 105(S)に新調したので、思い切って同シャフトでウェッジも替えてみました。
    10年ぶりにライ角度を測りなおしたら、レッドからブルーのアップライトになっていてビックリです。長い間でスイングが変わったみたいです。良い機会なので、スピンの効いたこのモデルを選択して、54ESと58ESをそっくり変更です。
    これからは、ブルーのライ角度のおかげで、少し右に出ていた軌道がターゲットに向くと思います。

  • 2017/7/16(日)19:05
    4
    ロフト角「60°」、シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR105」、シャフト硬度「R」

    グライドの54SSは1年以上愛用中。
    58TSは使ってみたがいまいち?なのでグライド2.0の60WSを入手。
    これはかなり良さそう。
    ヘッドが刺さらない感じが持てるので10y以内の上げて落とすアプローチに安心感が出る。
    短いバンカーショットもうまくだせる。
    ヘッド重心の関係か思ったよりボールが高く上がらないので距離感も出しやすい。

  • 2017/3/23(木)13:44
    6
    ロフト角「52°」、シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR105」、シャフト硬度「X」

    ウェッジはずっと軟鉄を使っていたのですが、56°のグライドウェッジをお試しで購入して気に入ったので、52°も探したのですが在庫で欲しいシャフトの物がなく・・・
    新作の2.0でも割引してもらえるお店でシャフトをXにして注文しました。

    グライドの前はボーケイcoldフォージドでしたが、構えやすさには違和感はありません。

    グライドウェッジと変わらない使用感で使えます。
    メーカー曰く、グライドから2.0になって表面処理が変わりやさしさが増したらしいですが、グライドウェッジから十分にやさしいので、その変化はまだ感じ取ることはできません(笑)

    打感は、ステンレスなので軟鉄より少し弾く感じがありますが、距離感が掴めないことはありません。
    クラブに慣れたいということもあり、購入後の初ラウンドでグリーン周りのランニングアプローチは全てこのクラブでしましたが、イメージとほぼ一緒の距離でした。
    メーカーのいうやさしさは十分にあり、一度少しダフりましたが滑ってくれて問題なく。

    ステンレスのウェッジだからと食わず嫌いの方にも使ってみて欲しいですし、グライドウェッジをお使いの人は違和感無く移行できると思います。

1〜13件/13件
  1. my caddie
  2. ウェッジ
  3. グライド 2.0 ウェッジ
×