ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

頭文字   メーカー名   ブランド名 
ドライバー
FW・UT
アイアン
ウェッジ
パター
ボール
シャフト
グリップ
シューズ
距離計測器
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
NS PRO 950GH のR
4285
NSPRO950GHのSはよく店頭でも見かけます。
実際に今使っているUTにも刺さっています。

UTを物色しているときにNSのRだとどんな感じだろうといつも思います。
NSのRはSとどれくらい違いが感じられますか?

自分が期待するイメージは、Sと比べて、
少しつかまり良くなり、飛距離少しUPするが、少し左に曲がろうとする。
カーボンよりは安定させたいけど、その中で出来るだけ飛距離の不安を減らしたいという目的に合ってますか?

シャフト重量3gの差、トルク0.1の差ってどんな感じなんでしょう?

打ってみろ。というのは承知の上ですが、正直実物も見たことが無く興味があります。
ぜひ参考にさせて下さい。宜しくお願いします。
 関連用語: シャフト  トルク 
 回答数:4 | 閲覧数:19612質問者:ダーハヤ  質問日時:2015/4/20 (月) 11:40 
ダーハヤさんのコメント
早速ありがとうございます。
失礼致しました。仰られる近い質問を確認致しました。

追記まで頂いて納得致しました。
判断できないほどの差というわけですね。

ではなぜ購入する際にSとRが選択できるのでしょうね。
DGのように製品誤差に対してシールを変えてるんでしょうか。

とにかく、よく分かりました。ありがとうございました。


更なる回答ありがとうございます!
しなりと捻じれがある程度比例するという思い込みもありました。

振り遅れてしまって躊躇してしまうようでは困りますね。
コンパクトなスイングで安定というのは良いですね。
コントロールできる範囲かどうか、やはり打ってみないと分かりませんね。
データ的に若干の差でもあれば心理的な影響はあるでしょうから、その点では選ぶことに意味はありそうですね。

カーボンの知識についても古いのかもしれません。
とても参考になりました。またクラブ探しが楽しくなります。
ありがとうございました。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. superhero  回答日時:2015/4/20 (月) 14:46
1066
Q&A 9つ下に非常に似た質問があるけど目を通したのかな?
コピペしたいけど それも何なんで

追記があるとすれば、個人的な見解として一般的な試打レベルでは相当の違いを確認するのはかなり至難

特に試打の場合 エラー(ミス)なのか、シャフト特性なのか判断がつきかねるほどの差に収束すると思う

といいながら私も悩んだ一人だが

詳細は9つ下の一読をお勧めする
2. ヴァル  回答日時:2015/4/20 (月) 16:02
1110
>シャフト重量3gの差、トルク0.1の差ってどんな感じなんでしょう?

この部分を判別するのは、よっぽど鋭敏な方でも難しいと思いますよ。
S→Rに変更すると振動数が10cpmほど落ちるので、こちらの方が振った時の違いの差は判りやすいでしょうね。

>Sと比べて、少しつかまり良くなり、飛距離少しUPするが、少し左に曲がろうとする。
カーボンよりは安定させたいけど、その中で出来るだけ飛距離の不安を減らしたいという目的に合ってますか?

弾道変化はどう転ぶかわかりませんね。
理屈で言えばターハヤさんの言う様に、「やや走る様になる分の変化」はあるかもしれませんが、プロフに記載されてるHSやクラブスペックからすれば、柔らかすぎて遅れたり、走りすぎたりなど、インパクトロフトが安定しない可能性もあります。
結果、打ち出し角度、スピン量、捕まりのどれも安定しない事になります。

UTなどに使うのであれば、この重量帯のカーボンカスタムシャフト群はかなりシッカリしていますので、ちゃんと選べば御自身が危惧されるほどバラつきも出ずに、距離と方向性の良い所取りができるのでは・・と思いますが・・。

可能性の話に過ぎませんが、少しの飛距離UPを求めてRに変更というのは、オススメできないかなと思います。
プロフ記載の情報からすれば、少々アンダースペックな感が否めないです。
3. superhero  回答日時:2015/4/20 (月) 23:39
1057
コメント内容に補足すると
9つ下でも記載したけど 個人的には感覚で決めた

これは個人的な実測だが意外にも測定値は思ったほどの差はないのが悩ましいのか普通なのか

また語弊があるかもしれないが自分では試打と称して5I,7Iだけでも試打室で各100球以上、試打会場で同じく各200〜300球も試打しまくった
更に迷うようならレンタルクラブという制度もあるので利用するといいと思う
ここまでできれば気付きがあるかもしれない
一般の人がここまでやるのかは疑問

スチールシャフトのフレックスはカーボンと比較すると差が少ないのが普通だと解釈するべきかと思う

9つ下でも結構意見が多いがあまりフレックスありきで判断しなくてもいいのではベストチョイスがたまたまSだったりRだったりということで
4. Dragon3  回答日時:2015/4/21 (火) 0:42
1052
もう締め切られましたね。(笑)
RとSだとかなり違う感覚がありますよ。同じメーカーのクラブの場合ステップの位置も変わりますし。
1番変わるのはしなり感で、Rだとかなりヘッドが走ります。その分コンパクトスイングに出来て安定する可能性はあります。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
【広告バナー】日本シャフトブログ
 よく読まれているQ&A
ダイナミックゴールドS200とモーダス3を比較して 7 285219 25347
シャフト系の質問 今話題のモーダス3のシャフトが気になります。過去のコメントを拝見しましたが、自分が今使用しているダイナミックゴールドS200と比較し、どうなのかがよく分かりません。具体的に言うとシャフト重量が重く感じるのか軽いのか、球の伸びはどうか、打感はどうか、飛距離はどうか、コントロール性はどうか、球はDGに比べ低いのか高いのかと...
カーク  2011/10/9 (日) 10:39 
ハイバウンス、ローバウンスどちらのほうが簡単ですか? 14 251854 40268
ゴルフギア系の質問 サンドウェッジとして、タイトリストのヴォーケイシリーズを購入しようと考えています。 バンカーショットが苦手なので、とりあえずバンカーから脱出しやすいスペックとして、56度のバウンス08〜14のどれが一番簡単なのか教えてください。ちなみに湿った硬い(締まった)砂質のバンカーのコースでプレイすることが多いです。 どうぞよろしくお...
yuki72  2009/5/20 (水) 18:38 
シャンク病に悩んでます。ご指導お願いします。 25 208787 113686
レッスン系の質問 シャンク病に悩んでます。80台前半でコンスタントに回っていたのですが、先週から発病し、練習場・コースとも出っぱなしでした。いつもですと応急処置でクリアしていたのですが今は何を打ってもシャンクです。アイアンを握る気がしないのです。ご指導お願いします。
かずさん  2008/9/25 (木) 22:24 
ウェッジの選び方(56度と58度)について 5 208056 8191
ゴルフギア系の質問 いつも楽しく拝見しています。 ウェッジの購入を検討しているのですが、雑誌等では、52度-58度を選択されている方が多いようですが、現在、50度のUWを持っているので、50度-56度にするか50度-54度-58度にするか悩んでいます。54度の使い勝手のイメージがわかないのと、56度と58度の使いやすさの違い(56度のほうが簡...
nok  2013/5/26 (日) 16:52 
ライ角で悩んでいます。調整は本当に大事なのでしょうか? 15 206505 62770
ゴルフギア系の質問 ライ角で悩んでいます。 先日、ゴルフ5でスイングチェックしてもらった所、7Iでライ角66°。 市販の軟鉄アイアンではライ角調整ができないので三浦技研のアイアンを薦められました。 ライ角を調整すれば、抜群に方向性・飛距離がよくなるとのことでしたが、、、、。 ライ角の調整は本当に大事なのでしょうか?
ぼうず  2008/10/7 (火) 22:55 
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
新垣比菜のパターシャフトは?
注目のルーキー・新垣比菜を初優勝に導いたパターシャフトとは?
banner
三浦桃香のドライバーシャフト
初優勝目指すアイドル級ルーキー・三浦桃香が使用するドライバーシャフトとは?
banner
トッププロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2018 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop