221CB アイアン

ギア情報
クチコミの評価
  • クチコミ件数
    6件
  • ランキング
    299位/1354商品中
  • 累計の総合評価
    4.5
    • star7
      0件
    • star6
      2件
    • star5
      1件
    • star4
      1件
    • star3
      2件
    • star2
      0件
    • star1
      0件
  • カテゴリ別の評価
    • やさしさ
      4.2
    • 構えやすさ
      5.0
    • 操作性
      4.3
    • 打感
      4.5
    • 方向性
      4.3
    • コストパフォーマンス
      4.2
クチコミをする

クチコミ

  • 5
    ロフト角「22°」、シャフト「N.S.PRO MODUS3 TOUR 115」、シャフト硬度「S」

    少し前のことになりますが、試打解禁後間もなく室内で試打しました。
    しばらく経過しても鮮明に覚えているのはインパクト後にヘッドが加速して抜けていくように感じたことです。

    今回はトレーディングエッジ、リーディングエッジ共にカットが施されているという事ですので、ドローでの抜け感はかなり向上しそうだなと思いました。

    前作201CBを使用しており、発売当初より素晴らしいアイアンで満足しています、今回の221CBはマイナーチェンジのようですので、今回はPINGのi230を見てから考えたいと思っています。

    2022/9/7(水)20:37
    • 年齢:41歳
    • 性別:男性
    • ゴルフ歴:4年~5年
    • 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s
    • 平均スコア:80~84
    • 平均ラウンド数:月に2回は行きます
  • 6
    ロフト角「22°」、シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR120」、シャフト硬度「S」

    前作のブリヂストンのアイアンがガラリと変わり、今回は更に熟成させた感がありますね。

    さて、前作が名器と言われるぐらい素晴らしいアイアンだったので、今回はどうなのかと思い、
    早速近くの5で行っていたフィッティングのイベントに行ってきました。
    前作と大きく違ったのはソールのデザイン。前作はフラット気味だったのに対して、
    今回はリーディングとトレーディングのエッジをWカットみたいなデザインにしているところ。
    前作のソールも良かったのですが、私のスイングだと少しダウンブローがきついので、
    弾き感が若干ありましたが、今回はまだ芝の上から打ってませんが、すごく抜けそうな感じがします。

    構えた感じは、そんなにオフセットも強くなく、ヒールからトゥまでスッとしてて構えやすいです。
    ただ、ヒールの部分が少し入ってくれたほうが包み込んでくれる感じがして優しいと思う人には少しアスリート過ぎて難しく感じるかもしれません。ただ、打ってみると昔のCBのような難しさはありません。
    構えて似てるような感じがしたのは、タイトリストのT100でした(あそこまで小さなヘッドではありませんがw)

    今回は吊るしのモーダス120で試打しましたが、7番アイアンのデータを見ると
    キャリーで160yrd、バックスピン6300とロフト32°にしてはスピン量が多いのは驚きでした。

    操作性はドローフェードどちらでも打ちやすいです。
    むしろ先程の構えた感じがストレートに近いので打ち分けもやりやすいです。

    打感は流石遠藤製です。ただ、同じようなスリクソンやヤマハと比べると少しカチッとしてると言うか
    心があるような打感ですが、十分な柔らかさだと思います。

    あと、ロングアイアンの打ちやすさは他のアイアンに比べて群を抜いてます。
    ただ、ブリヂストンの担当の方にはロングアイアンはプラスの方をおすすめされたので、
    機会があればそちらも打ってみたいですが、このCBの4番でも十分打ちやすいです。

    いやー今回のブリヂストンのアイアンはとても魅力的です。
    今までタイトリストがCBのお手本のような王道だと思ってましたが、
    今後はこの221CBが自分の中ではキングオブCBだと思わせるような、
    最高のパフォーマンスを発揮するアイアンが登場したと感じています。

    2022/9/6(火)18:51
    • 年齢:52歳
    • 性別:男性
    • ゴルフ歴:6年~10年
    • 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s
    • 平均スコア:80未満
    • 平均ラウンド数:月に2回は行きます
  • 4
    ロフト角「22°」、シャフト「ダイナミックゴールドS200」、シャフト硬度「S」

    家の近くの量販店でモーダス105Sの試打をした時は特に何も感じなかったんですが、YouTube等で気になり出してブリジストンフィッティングスタジオに行って来ました。
    221CB モーダス125S,ダイナミックゴールドS200,220MB ダイナミックゴールドS200の順番で打ちました。
    使っているNIKEヴェイパープロよりもロフトが3°立った32°だけあって、キャリー平均14y出てました。
    球筋は125Sは直線的、ダイナミックゴールドS200は少しめくれる感じでした。
    220MBは昔のマッスルバックの様な打ち手を選びはしませんが、ミスが方向性に出てました。
    グリップ径はダイナミックゴールドが細く、オーダーの時には気をつけたいところです。
    あとヘッドの全長はCBの方がMBより小さいそうで、トップブレードに厚みがヘッドを大きく見せてる様です。
    打感はミズノの様な柔らかさはないです。
    試打の感想は思ってたより簡単、やさしいクラブではないです。
    購入についてはしっかり考えたいですね。
    オーダーする際はしっかりシャフト等、フィッティングをされる事をお勧めします。

    2022/8/19(金)20:37
    • 年齢:54歳
    • 性別:男性
    • ゴルフ歴:21年以上
    • 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s
    • 平均スコア:80未満
    • 平均ラウンド数:2か月に1回程度
  • 3
    ロフト角「22°」、シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR105」、シャフト硬度「S」

    BSが大好きです。

    X-CB(2016)・X-CBP(2017)・X-CB(2018)・X-CBP(2018)・201CBと最近のアイアンは結構買ってます笑
    それ位好きなので当然打ちに行きました。買うかもしれないとかなり期待しつつ。

    ぶっちゃけ久々に残念な気分です。
    201CBが超良かっただけに今回のは上回った所を何一つ見つけられませんでした。
    打感や打音も201の方が良かったし、やさしさも201の方が感じられました。
    スピンもなぜか少なく高さが安定しなかったです。
    70台で歩ける上級者の方は良さを見つけられるのかもしれませんが、80台レベルではとてもとても・・。
    バックフェースも201の方がカッコイイですし、これじゃないと!ってのがわかりませんでした。
    これを打ってX-CB(2018)の事を思い出しました。買っても結局前のモデルを買い直す未来が見えてしまったので私は今回見送り確定です。

    221CBを打ったおかげで改めて気づきました。201CBはやはりめちゃくちゃ良いアイアンですね。
    最近は出番をCB501に奪われる事が多くあまり使っていない201CBですが、しばらくは手元に置いておきたいと思います。

    2022/8/18(木)09:30
    • 年齢:48歳
    • 性別:男性
    • ゴルフ歴:16年~20年
    • 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s
    • 平均スコア:85~89
    • 平均ラウンド数:月1くらいかな
  • 3
    ロフト角「22°」、シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR105」、シャフト硬度「S」

    名器だった前作と比較すると、大きな変更はソールかなと。前後に削りが入り抜けが良くなったと思われる。鳥籠だとそこまで違いは分からずでしたが…ソールを削って、バックフェースの上側にその分の重量を盛ってるといった具合。が、重心が低いのか、ロフトとのバランスなのか、スピンが入らないのに高さもそこまで出ない感じ。まぁスカイトラックなので値の正確性は微妙ですが、前作も置いてあったので比較すると、スピン量は確実に落ちました。トータル飛距離は大差なし。前作はワイドで平らなソールだった事でアマチュアにも使い易く、球も上がりました。今作はソールが削ってありダウンブローに入れないと適正スピンと高さが得られず、アマチュアには少し難易度があがった様な…。コースで使ってみないと分かりませんが、きっと芝からだとソールの抜けの違いで、きっちりスピンも入るのかもしれません。デザイン的には好きなので、いずれ買ってしまいそう(笑)打感は前作同様に、非常に柔らかくて球がグシャっと潰れる心地良い打感と音がします。個人的にはモーダス105.115.120より、重めのDGやモーダスなら125とかの方が合うのではないかと感じました。

    2022/8/18(木)08:13
    • 年齢:47歳
    • 性別:男性
    • ゴルフ歴:6年~10年
    • 平均ヘッドスピード:46m/s~50m/s
    • 平均スコア:80~84
    • 平均ラウンド数:月に2回は行きます
  • 6
    ロフト角「22°」、シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR105」、シャフト硬度「S」

    現在、X-BLADE 705 type Sをモーダス105(S)にリシャフトして使用しています。
    705とロフト設定が同じなので、期待して試打しました。

    現時点でも7I(32°)で170Yで、
    飛距離が変わるとウェッジやユーティリティの買い替えが必要になるので、
    求めるものは、
    ・飛距離が変わらないこと
    ・スピン量を増やして、ピンをデッドに狙えること。
    →最新技術で飛距離アップ+スピン量アップで飛距離ダウン
    →落下角度のアップ
    です。

    結果的には、
    705が約6,000rpm(落下角度42°)に対し、221CBが約5,500rpm(42°)となったため、
    キャリーが0.5から1番手ほど伸びてしまいました。
    ランはほとんど変わりません。
    打ち出し角度もほぼ変わらないか221CBが少し大きいくらい。

    厳密にロフト角を測ったわけではないので、そこが原因かも知れませんが、
    残念ながら、私の目的には合いませんでしたが、
    加齢による飛距離の低下など、将来の購入候補になりました。
    スイングなどによっては目的を達成できるかもしれませんが、
    私にはそのテクニックがありませんでした。

    打感などは、軟鉄鍛造らしく、素晴らしいものがあります。

    2022/8/8(月)16:30
    • 年齢:45歳
    • 性別:男性
    • ゴルフ歴:1年~3年
    • 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s
    • 平均スコア:85~89
    • 平均ラウンド数:月に2回は行きます
すべてのクチコミを見る クチコミをする
  1. my caddie
  2. アイアン
  3. 221CB アイアン
×